ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

太陽の音

あれは今から12年ほど前の事、
僕はその頃、学芸大学近くのCDの卸倉庫でアルバイトをしていた。
時給は安かったが、当時はバブル全盛期で、各メーカー売れ線以外の音源もどんどんCD
化して発売していたし、どんどん売れていた。
だから倉庫には毎日いろんなCDが入ってくる、結局働いても給料のほとんどを、またここで使い果たしていた。

そんなある日、メーカーから大口の新譜の入荷があった。
大型のトラックで、数万枚のCDが運ばれてくる。
暑い夏の日で、半分裸状態で何百箱の段ボールを運び込んだ。
終わると皆へとへとで、しばらく休憩。
こんなのは毎日繰り返されている、ごくありふれた日常に過ぎない。

ただ、その日は違っていた。

何の気なしに、荷物を滑らせるローラーに腰掛けて空を見ていた。
雲一つない日本晴れ、太陽は真上に輝いている。
すると突然、耳慣れない音が鳴り響いてきた。

「ん?」

はじめは単なる耳の錯覚かと思った。
疲れているし、ここ数日あまり寝ていないからボーッとしているのかも。
そう思って、気を取り直し、もう一度太陽の方を見た。

「ポカ....ポ..カ....ポカ...ポ....カ.....」

違う、やはり明らかに音が鳴っている。活字にするのは難しいが、あえて活字にするならやはり「ポカ....ポ...カ...ポカ.....」としか言いようのない音だった。

「昔から太陽が出てポカポカ〜なんて言うが、やっぱりポカポカって聞こえてたんだろうか?」

「ちょっと待て、これはヤバいんじゃないか?.......太陽が歌ってる?.........『未知との遭遇』じゃあるまいし.....」

「いや、やっぱり寝てないからだ。聞こえてなんかいない.......いや、やっぱ聞こえる....。」

あまりに突然のことに半ば頭が混乱しながら、それでも数分間、音が続いた。
ようやく気を取り直して、隣にいた友達に「太陽がポカポカ言ってる........」と声をかけたが、その時にはもう全く音は聞こえなかった。

あれから、一度も、太陽がポカポカ歌うのは聞いた事がない。
[PR]
by yuniwauta | 2005-02-05 21:55 | おとだま紀行

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30