ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:陰陽和合( 6 )

陰陽和合 6

c0037400_21564538.jpg
久々の陰陽和合シリーズは、かみのけ座付近にある NGC 4676 (通称 ねずみ銀河)である。
”ねずみ”とは頂けないネーミングなのだが、なぜこれが陰陽和合かというと、この銀河は「衝突銀河」というカテゴリーの銀河で、要はふたつの隣り合った銀河がぶつかっている状態なのだ。
そうして、いずれはこの二つの銀河はひとつの大きな銀河になっていくのだそうな....

今は、出会いのダンスの真っ最中。
このダンスの終わりは、何億年先になることか...
実は我々の住むこの天の川銀河も、数十億年後には隣のアンドロメダ銀河と合体するのだとか。
ならば、この映像はこの銀河の来るべき未来の姿とも言える。

例えば星同士がぶつかるということを考えるだけでも凄まじい規模のエネルギーを想像してしまうが、これが銀河同士という事になると....中では一体どんな状況が起こっているのか?

→このリンク先で、二つの銀河が衝突して一つになっていくプロセスのCGシュミレーションが見れます。NGC 4676.mpeg

見知らぬ星の、見知らぬ方々どころではない。
もしかするとお相手の世界は、物理法則や物質の組成、元素の数やクーロン力なども全く違うような世界かもしれない。
時間の流れるスピードも違うかもしれない。
当然意識レベルでの相違は想像を絶するだろう。

だが、この宇宙の設計者の意図は、いずれこうした異なる波長を持つ種族とも合一してゆく筋書きを我々に与えているように思われる。

人と人とは理解し合い、互いの差異を超えて繋がらなくてはならない。
我々が持つ必要があるのは「大いなる受容性」だと思う。
小さなものも大きなものも、こうして同じような課題と共に無限の時を歩んでいるのだから。
[PR]
by yuniwauta | 2005-08-17 21:56 | 陰陽和合

陰陽和合 5

c0037400_2034296.jpg
一瞬これは何?という感じですが、ヤマナメクジの産卵シーンです。
ナメクジというといわゆる害虫の部類ですので、単純にキモい!といって排除されそうですが、意外と面白い。
まずはこの方々、雌雄同体です。
ですので、どっちも男でもあり女でもある。
実際に行動範囲が狭く、パートナーと出会える確率が低いのでこうなってしまったのかどうかは定かでありませんが、こうして出会ったらば百年目、お互いに陰茎を差し入れ同時に産卵するという驚くべきスタイルで産卵します。
何となく陰陽図にも似ているのでアップしましたが、この場合どちらも陰であり陽である訳で、こういう場合はなんと言うのでしょうか?
[PR]
by yuniwauta | 2005-05-30 20:41 | 陰陽和合

陰陽和合 4(久々に出ました!)

ネット遊びしていると時々へ〜という物に出会いますが、今日のはちょっと久々のヒット。
中国広東省の丹霞山にある天然のリンガ(左)という事です。
現地では陽元石と呼んでいるそうですが、高さ28メートル、直径7メートル。
ここで未知との遭遇2の撮影なんて如何?
ちなみに右は少し離れたところらしいですが陰元石という事です。

どちらもちょっと出来過ぎてて人工物のようですが、天然だそうです。

c0037400_21553179.jpg

[PR]
by yuniwauta | 2005-05-20 22:08 | 陰陽和合

陰陽和合 3

c0037400_20171860.jpg
福島と栃木の間にある阿賀川流域の夫婦岩ということです。

巨石好きで、奇岩ありと聞けば出かけて行ってしまう私ですが、ここはまだ行った事がありません。
きっと元は一つの巨岩だったのでしょうが、ビジュアル的に古代都市のような何とも不思議な形です。
異界への扉のようでもありますね。
[PR]
by yuniwauta | 2005-03-14 20:21 | 陰陽和合

陰陽和合 2


c0037400_18364588.jpg
大変ご好評頂きました「陰陽和合」。
他にも無いかな〜と思いきや、早速このようなものがありました。

ちょっと男はガニ股ですが、足を組む女の艶かしさはなかなかのもの。
つるっとした感じがようございます。

HPより紹介文
「この世に『珍品』数々あれど『おのこ』のひかえめねがら往時の猛々しさをほうふつさせる様、『めのこ』の恥じらいつつも寄り添うことども風情、いとおかしき様かな!
これぞ倭(やまと)の国、まほろばの『夫婦だいこん』とぞあらまほしけれ。」
とありまして、鳥越村上野にお住まいの橋爪静子さん(82歳)の作とのことです。

大根目当てで見つけたページでしたが、この大根を紹介されている和田屋さんというのが石川県金沢の白山姫神社近くにある料理屋さんでした。
いずれブログに書きますが、この神社、個人的に大変希有な体験をさせて頂いた思い出の神社で、「は〜、ひょんなところで繋がるもんだな」とひとり関心してしまいました。

画像元はこちらです。
[PR]
by yuniwauta | 2005-03-10 18:54 | 陰陽和合

陰陽和合

c0037400_22374292.jpg
ところで、今日こんなのありました。

いいですな〜、現代には見られぬおくゆかしさ。

横向きにして「裸のマハ大根」というのはどうでしょう?

ところで何で女性は全身なのに、男は下半身だけなんでしょうか?
[PR]
by yuniwauta | 2005-03-03 22:46 | 陰陽和合

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31