ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:時には詩歌など( 3 )

邂逅の詩 <1>

後悔など微塵も無い

と思っていた人生が

実は誰かを傷つけまいとして

そして自分を守ろうとして

偽って作り上げた『私』という虚像が生きた

決して心から涙する事も無く

決して心から幸せを感じる事も無く

全てがまるで飛沫のような

逃げ水のような時の堆積に過ぎなかったと知った時


それは単なる自動演奏のピアノにも似て

魂はないが美しい旋律を奏でる

思い出のように遠い

ひとつの記憶だったかもしれない


これから見る夢の中には

本当の太陽と本当の月と

本当の後悔がやってくる

そしてその本当の後悔の中には

まるで夕日にきらめく波頭のように

幾つもの宝石が埋まっている
[PR]
by yuniwauta | 2007-12-27 23:51 | 時には詩歌など

生きているのか死んでいるのか


c0037400_057348.jpgおまへはいきているのかしんでいるのか

みずとおまへをさへぎるものは

いきることとしぬことのさかいは

かんがえることかんじること

たべることたべられること

ねることねないこと

おまへはわかつているのか

それともそのふたつのものの

あいだにたつているのか




うすころも はくとうろうの みをわかせ
つめたきうみの ちしをうごかす




写真は加茂水族館HPより
加茂水族館
くらげ展示数としては国内一の水族館だそうです。
江ノ島水族館も良かったですが、レイアウトはこちらのほうか良さそうです。
こんな奴らに囲まれてホゲーッとした一日を過ごしたい。
[PR]
by yuniwauta | 2005-05-09 00:02 | 時には詩歌など

飛ぶ

ヒマラヤの上を飛ぶ鳥のような
自由な心になって下さい

真っ青な空を
何もとらわれず
何も求めず

どれだけ自分の心が
狭い檻の中で彷徨っていることか
その小さな思い込みの世界で
苦しむ必要のないことで苦しむのをやめなさい

限界を捨て
概念を捨てなさい
未熟な言葉で語ろうとするのをやめなさい
語るのではなくただ味わいなさい
際限なく味わいなさい

どこまでも広がる地平
澄み切った空気
何も遮るものはなく
燦々と降り注ぐ太陽

この小さなからだの他に
私を感じるものは何もない
この小さなこころの他に
空と私を隔てるものは
何もない

解き放ち
自由でありなさい

私とあなたを隔てるものは
この小さなこころの他に
何もない
[PR]
by yuniwauta | 2005-04-30 23:19 | 時には詩歌など

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31