ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:クラニオ・セイクラル( 3 )

ペットへのクラニオ・セイクラル 追記

この連休を利用して、プロフィール写真の撮影などを兼ねて山口に行ってきました。
そして久しぶりにサファリランド。
高尾に住んでいた頃はよく多摩動物園に行ったものですが、ここでは近所にないので、はるばる運転して行くのでちょっとした小旅行になります。
余談ですが、ここからの道中『願成就温泉』という道の駅があるのですが、ここの温泉が最高で今回も行き帰り共に入りました。お湯が柔らかくて芯まで暖まります、これも旅の楽しみのひとつ。

さて、今回サファリランドに赴いたのはちょっとした好奇心で、先日ペットへのクラニオ・セイクラルについて書いた時に、では他の動物ではどうなんだろう?という単純な興味があったのです。
朝一に行ったので、比較的空いている方だとはいえやはりGW期間、人が多くてなかなか落ち着いて観察できませんでしたが、アカシカ、カンガルー、ポニー、ジャージー牛、ヤギなど幾つかの動物の脳脊髄液の動きを観察できました。
もちろん大半の動物は動いてしまって、なかなかじっくりとは行きませんでしたけど。

結果、やはりというか、予想通り、個体の大きさに比例して脳脊髄液の動くスピードが違っていました。カンガルーは1サイクル4〜5秒、ジャージー牛は僕が触れたのは12秒半くらい。
心拍、呼吸と同様、大きいと遅く、小さいと早いという事が分かりました。
それにしても、大きな動物のクラニオ・セイクラル運動の力強さには驚きました。
アカシカはしっかりと後頭部と仙骨に触れてウェーブを確認できたのですが、仙骨がオルガンのふいごのようにブワッブワッと動いて、脊髄を通る液の動きと力強い生命力を明確に感じる事ができました。

こんな事をやっていると、何となくアバターを思い出したりして...
そのうえ思わず『インラケチ』(昔のマヤ文明の挨拶で ”私はもうひとりのあなたです”という意味)と久しぶりにつぶやいている自分が何か可笑しかったです。

今度は空いている時に行って、もう少しゆっくり対話してみたいなと思いました。
象の仙骨も触ってみたいなぁ...
[PR]
by yuniwauta | 2010-05-04 10:47 | クラニオ・セイクラル

ペットへのクラニオ・セイクラル

c0037400_2334288.jpg

最近、うちの鼻グロちゃんが膀胱炎になってしまいました。
安易に薬を飲ませるのが何となく嫌で、トイレを増やして砂を変えたり、餌も無添加ものに変え、ハーブ療法も試していますが、なかなかすっきりとは治っていません。
体がダルいのか、満月のせいか、今日はちょっと元気がない感じ。
そこで、ちょっとクラニオを試してみました。既に他の2匹には施術済みだったのですが、鼻グロちゃんは初めてでした。

今後の参考として、今日の流れを書いてみます。

猫の脳髄液の動きは、人間に比べると当然結構早いです。
後頭骨と仙骨に手を当ててしばらく動きを観察すると、仙骨側は比較的良いのですが、後頭部の動きが悪く、脳脊髄液のにごりを感じました。これって、人間だと自律神経系に疲労やストレスがある状態です。毎日僕たちの疲れを癒してくれてるので、猫だって疲れてるんだなと反省。
ともあれ、人にやるのと同様クラニオのCV4という施術を試みました。目的は新しい脳脊髄液の増産です。

クラニオでは通常このCV4で2〜3分するとスティルネスという脳脊髄液の動きの停止が起こります。それは4〜50秒ほど停止した後、よりゆるやかで大きな動きとなって再始動、この間に自律神の乱れが調整され、脳脊髄液の増産が起こります。
今日のこの子は1分程度でスティルネスが起こりました。前の2匹もそうでしたが、人よりスティルネスに至るまでの時間が少ないようです。リラックスできていれば...の話ですが、人間ほど思考による障害がないので、早いのかもしれません。

スティルネスの状態は格別でした。
僕自身が気付くと深い同調状態に入っていたので、鼻グロちゃんの脳脊髄液の動きが止まると同時に僕自身も深い瞑想中に起こるような呼吸の停止が起こり、これが1〜2分持続しました。
そのうち頭の方にかけての脳脊髄液のにごり感が徐々に薄らいでゆき、非常に穏やかでゆっくりとした背骨のウェーブと共に、いつしか猫と同じ早さで呼吸をしていることに気付きました。
この間、約5分くらいでしょうか?

もう良さげな感じがしたので、あとは本人が去りたくなるまで腕の中にいさせて終了。
立ち去る時、不思議そうな目でチラとこちらを見て、他の部屋に遊びにいきました。

帰ってくると、とても落ち着いて元気になっていました。
子供も動物も、クラニオは凄く反応が早いです。

ちょっとコツがいりますけど、動物へのクラニオもセミナーか何かしたいなあと思っています。
次回は子供へのクラニオの事、書いてみます。
[PR]
by yuniwauta | 2010-04-29 00:05 | クラニオ・セイクラル

クラニオ・セイクラル・ワーク 始めます

一部の方には既に少しずつ受けて頂いていますが、ゆにわでは新たなメニューとして『クラニオ・セイクラル・ワーク』を始めています。

クラニオは頭蓋骨、セイクラルは仙骨という意味で、『頭蓋仙骨療法』とも呼ばれる手技療法ですが、通常の整体と違って非常に繊細なタッチ(5gタッチと言われます)で、頭蓋骨と仙骨の緊張やゆがみを調整し、脳から尾てい骨まで流れている脳脊髄液の流れをスムーズにし、深いリラクゼーションや自己治癒能力の向上が期待できます。
ここで用いられる繊細なタッチは、非常に深いレベルまで浸透しますので、心理的トラウマの解放や古い事故などのリリースが起こったりします。

この手法はオステオパシーという手技療法体系から派生し、サザーランド博士、ベッカー博士、アプレジャー博士などによって確立され、様々な検証によってその意義が認められています。

ベーシックセッションでは頭蓋骨と仙骨、骨盤を中心とした施術。
フル・セッションでは、骨盤調整と身体の前面にあっていろいろな緊張を生み出している隔膜や筋膜の調整に、頭蓋骨の調整が全て入り、足の裏から頭の先までの全ての呼吸システムを調整することによってより深いレベルの解放を促します。

施術料金は
ベーシック....¥6,000(60〜90分)
フルセッション¥10,000(120〜150分)

と、今まで施術やセットコースと同じに設定しています。
じきにホームページ上にこの施術についての詳細を載せる予定ですが、興味のある方、今現在ご予約頂いている方で、クラニオに変更されたい方はそのままの時間枠で変更可能です。

*クラニオの導入によって、今までメニューにありました『脳幹弛緩ヒーリング』は全てより効果の高いクラニオにスライドします。
[PR]
by yuniwauta | 2009-08-08 23:18 | クラニオ・セイクラル

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30