ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

聴覚の個人差

最近我が家に可愛い機械が登場しています。
その名もタンプーラマシン

インド音楽などを聞くと、歌や楽器のバックでビヨ〜ンと鳴り続けている楽器がタンプーラです。
ずっと持続音(ドローン)を奏で続ける楽器なので、僕ははじめこれはオルガンのようなリード楽器かと思っていました。しかし実際には4〜5本の弦が張ってあるギターよりも大きな弦楽器で、弦の端のところにジャワリという弦の振動をビビらせる(こんな表現でいいのかな?)ところがあり、それがあのビヨ〜ンサウンドを作っている訳です。
今回我が家に来たタンプーラマシンは、この音色を電気的に発生する装置。
妻が声楽の練習用に購入したのですが、いつでもどこでもあらゆる場所をカレー味にする事ができる不思議な機械です。

と、前置きが長くなりましたが、先日、これを鳴らしながら食事をしておりました。
かつて、僕の心の師である音楽家のラモンテ・ヤングが「完全5度の鳴り響く空間で生活した場合の精神的効果」について実験していたのを思い出しましたが、このビヨ〜ンは聞いているだけで落ち着くし、何を食べていてもインド料理のようになる...いえ、美味しく感じられるような気がするな〜と思っていました。

ちゃんと倍音の成分まできれいに再現されているので感心していたのです。
そこで、何気なく僕が妻に「この倍音のメロが気持ちいいよね〜!」と問いかけたら「その音は聞こえないよ」という返事が返ってきました。
「はて?」と思い、何度もそのメロを歌ったりしてみるのですが、妻にはその音は聞こえないというのです。
そこで、ある事を思い出しました。
聴覚には個人差があるという事。

ちょっと小難しい話かもしれませんが、人の耳は20〜20000Hzあたりが可聴領域と言われておりますが、実際には少し偏りがあり、完全に全帯域をまんべんなく聞き取れる人はそう滅多にはいないでしょう。
大まかに別けても低域型、中域型、高域型の3種類があると僕は思っています。
例えば歌ものの曲を聞いていても「歌」を中心に聞いていると人もいれば、「ベース」を中心に聞いている人もいますし、もしくはリバーブ音や後ろで鳴っているシンセなどの空間音についつい耳がいってしまう人もいます。

楽器をやっている人なら、専属の楽器を中心に聞くのは分かりますが、そうでなくてもこのように人によって聞き取っている周波数に違いがあるんですね。
今回のタンプーラマシンでも、妻は実音の低音部分を、僕は上の倍音部分を中心に聞いていたのです。

そういえば最近は気をつけていますが、以前は僕が作る音は「低音がない」とよく言われました。自分が聞いている分には高倍音の中でいろんな音が入り交じるように作っているので、これ以上音を足せないと思っていたのですが、普通に聞くと低音がない音楽になっていたのですね。
どうやら以前は極端な「高域偏重型」だったようで、どうりでグラウンディングできてなかったはずです(苦笑)

このような失敗談はさておき、実は同じ音楽を聞いていても、それぞれの耳の特性によって違った聞こえ方をしているという事実、これって面白いなとあらためて思いました。

よく「目玉を取り替えて世界を眺めてみたい」なんて言いますが、「耳を取り替えて音を聞いてみる」というのも面白そうです。
「面白く生きてる人は、きっと世界の音も面白く聞いているに違いない...」
と密かに思ってしまうのでした...
[PR]
by yuniwauta | 2006-01-27 01:24 | おとだま紀行

ワーク三昧!!!&2月レイキ交流会のお知らせ。

何かと忙しくなかなかブログの更新ができずにいました、久々の投稿です。
今年はワークショップをどんどんやろう!という決意を持って年明けを迎えましたが、やはり想いは現実化するというもので、その通りの展開がわき起こってきました。

<1>コミュニケーション・トレーニングチームCUNEの主催で、松江地区で月イチペースでの開催が決定。
まずは来月25日が既にHPにアップされています。

<2>出雲地区では、ゆにわの主催になりますが、これも1〜2ヶ月に一度のペースで平行して開催します。1月はまず明後日28日。詳細はこちら
そのうち松江チームとジョイントできると面白いですね。

<3>周辺地区および他県での開催。
これはまだ決定ではありませんが、いくつかのオファーを頂いています。
近々東京での開催という話も出ています、詳細はまた決まり次第アップします。

そうしてもう一つ、これが実は今年一番大きなオファーなのですが...
<4>三陽女子高等学校の授業に「インプロ」が加えられる事になり、特別講師を依頼されました!
この事については、別記事で詳しく書いていくつもりです。
高校の授業として「インプロ」を教えていく。これはインプロxOKAYAMAメンバーの努力によって実現した企画なのですが、事の発端は先生からではなく生徒からの「インプロを授業でやってほしい!」という意見から始まりました。
昨年に一度、この学校の音楽科の生徒を対象にワークをやらせて頂いたのですが、今度はこれを授業として一年がかりで取り組んでいく訳です。
「インプロの教育的効果について」とは、僕にはいささか大きすぎる命題ですが、学校という特殊な環境の中で、どれだけの事がやれるか挑戦です。

そんなこんなで、途端にワーク三昧となりつつありますが、ヒーリングの方ももちろん邁進しますよ!

お待たせしました『レイキ交流会』
次回は2月12日(日)の午後1時〜4時。
場所は「ゆにわ」
参加費は¥3,000です。
今回のテーマは「オーラ視について」
直感知覚をいかに視角として認識するかというテーマを掘り下げる予定です。
内容としては
・オーラ視について(講義と実践)
・レイキマラソン
・光の呼吸法&レイキ瞑想
・アースヒーリング
・Q&A
などを予定しています。

レイキについては日々進化型になっていますので、しばらくやってなかった人や、はじめての方
も交流会に参加して頂いて、新たな気持ちでレイキを感じて頂けたらと思います。
交流会参加希望の方はメールにてお知らせください。
[PR]
by yuniwauta | 2006-01-27 00:39 | インプロ

全国インプロ交流会に行ってきました!!!

1月7日から9日まで、大阪で開催された「全国インプロ交流会」に行ってきました。
北海道から鹿児島まで、本当に全国から集まったインプロの精鋭たちとの集い。
非常に濃密で、獲るものの多い3日間でした。

僕はその中でワークをさせて貰ったり、また参加したり、パフォーマンスしたり、飲み会に行ったり(笑)しましたが、それより何より、全国から集まったいろんな方々と知り合えたり、再会したり、交流したり、そういう繋がりが持てた事に何より感謝感謝でした。

さすが参加者の皆さん、ワーク経験の多い方やモチベーションの高い方ばかりだったので、思わぬ展開や、驚くようなシーンが沢山生まれていました。
ワークをリードさせて貰っていても、普段のウォームアップがほとんど必要なし!いきなりどんどん深い部分へのアプローチが出来るのでとてもエキサイティングでした。

僕なりの今回のワークの収穫。
ひとつは全員での即興ユニゾンをブラインド(目をつむって)でやってみた事。
誰がリードするでもなく、全く決まっていない旋律を全員で歌うのですから、かなり高度な事のようにも思えましたが、やってみるととても美しい声とメロディーが生まれてきました。
ここで、試しに『メロディーをふたつに』というアイデアを投げ入れてみると、自然にハーモニックなコーラスが起こってきました。
メロディーが重なったり、また離れたり、波のように寄せては返すような音の陰影。
美しかった〜!

この歌が終わった後、参加者の中から『何だかお部屋の空気が清まった感じがする』という感想も出てきました。
これはお互いに聞き合う事が必至、一人で引っ張り過ぎても面白くないし、かといって誰もが遠慮していては何も起こらない。
協調しながら、自分も発していく。
参加メンバーの嘘のない一体感から自然に湧いて来た雰囲気。
こういう中で響いて来る声の力って凄いな〜と、あらためて思いました。

今度これを教会とか、はたまた洞窟とか、コンビナートの空タンクの中とか(笑)
もの凄く響くところでやってみたい。

こうして産まれる事も凄いのだけど、リードさせて貰っていて感じたのは「直感を信じる」という事だったりもしました。
インプロのワークは、どんなに筋書きを用意しても、全然その通りになりません。
むしろ毎回、その場、そのメンバー、その時起こっている事に反応して内容を変化させる必要が出てきます。
そうしてやっていると突然「こういう事をやってみたらどうだろう?」というアイデアが湧いてきます。

すると僕の頭の中では、即座に半ば完成した形の結果のビジョン(サウンド)がドワーッと出てきますが、それと同時に
「いや、これは高度すぎる」
「でも、どうやって皆に説明するの?」
「失敗した時にテンションを維持できるのか....」
といった悪魔の囁きが次々と襲ってきたりもします。
でも、結局最初のインスピレーションを信じて
『じゃ、次はこういう事をしてみようと思うんだけど....』と話しだすと、気付くといろいろ説明している自分がいる。
そうしてその結果は、いつも自分が思っていた以上のものだったりします。

無理だと思えば、それはそこで終わり。
でも、直感に従っていくと、そこにはミラクルが待っているかもしれない。
毎回、一番楽しんでるのは僕自身だなと思っています。

書き出すと止まらないくらい濃い3日間の出来事。
とにかく、ここで出会ったたくさんの人達に大感謝です。

さて、この収穫は、次回の出雲ワークにも反映しますよ。
お楽しみに!!!
[PR]
by yuniwauta | 2006-01-11 23:52 | インプロ

新春インプロソングワークショップのお知らせ。

今年もインプロソングワークショップ、続いて開催しますよ。
まずは明日から始まる全国インプロ交流会にて新春第一投となりますが、島根では28日(土)に、お昼のひと枠だけ開催します。

日時: 1月28日(土)
       午後1時〜4時
場所: 出雲市女性センター
HPはこちら
受講料:¥3,000
定員: 20名
お申し込みはお電話 090-9805-8860<歌島>
もしくは メールにて

今年は雪が多く寒い冬ですが、インプロの熱気で暖まりましょう!!!
[PR]
by yuniwauta | 2006-01-06 21:34 | インプロ

吉兆さんで笛吹きました。

ここでは3日に「吉兆さん」という町内の行事があります。
大社町や日御碕あたりの町内で、何年かおきの持ち回りで役が回ってきたりするのですが、僕の住んでいる「真名井地区」はお宮に近い関係もあってか毎年です。
なので、正月3日は必ずここにいなければなりません。

既にここに来て3年目なので、こうした伝統行事に参加するのも少しは慣れましたが、未だに「吉兆さん」の意味がよく分かっていないので、一応出雲大社HPより要旨を抜粋しますと...
『正月3日は朝から「吉兆さん」と「番内さん」が大社の町内を練り歩きます。吉兆さんというのは、「歳徳神」と大きく縫いとりした金襴の幟旗(のぼり)の山車のことです。その幟旗の頂には金色の剣が立ち、歳徳神の神霊の依りましといわれます。この歳徳神の先祓いの役をなすのが番内さんです。普通は町内の厄男が扮し、孟宗の青竹のささらをもって地面をたたき、ふりかざしながら、「悪魔払い、悪魔払い」と大声で呼い町内をまわります。そうすることで自分の厄はもとより町内の各家庭の厄までも祓い清めることになるのです。 』

この「のぼり」は見ての通り高さが結構あるので、昨今の電線だらけの道路は通れません。
きっと昔はこれを立てたまま練り歩いたのでしょうが、今は移動時は分解して持ち運びます。
出雲大社の本殿、千家宮司家、出雲教、北島国造家、この町内の氏神にあたる命主社、町内会長さんのお宅などに回り、そこで「のぼり」を組立てては、笛太鼓によるシャギリ(お囃子)と舟歌のような祝い歌を納めて新年の祈りをします。

とはいえ、僕は歌も何も覚えていないので毎年口パクしていましたが、今年は近所の方の誘いもあって笛吹き隊として参加してきました。
参加...というと聞こえはいいですけど、実際にはその辺に出してあった適当な笛を見つけて、あとは吹ける人の後ろについて見よう見まねで指使いを覚えて..という突貫工事。
低い方は何とか音が出ましたが、高音はほとんど出ないまま誤摩化しながら付いていきました。
適当に吹いていいなら簡単なんですけどね....(笑)

最後にシャギリを続けながら町内を回るのですが、もう寒くて寒くて指は痛いし口は固まって来るし....でも、終わると何だかお清めされたような感じになって、とても良かったです。

これが毎年の仕事初め。
明日から早速通常営業です。
[PR]
by yuniwauta | 2006-01-03 22:55 | 雑記帳

新年あけましておめでとうございます!!!

御陰さまで出雲に越して来て3度目の年明けになりました。
僕は、今年は両親のいる福山へ妻とともに里帰りし、年末恒例のクラッシックでカウントダウン(今年は第9)を見ながら「こりゃ、指揮者はエラいプレッシャーだな...」なんて思いながら、年を越しました。
皆さんは、どんなお正月をお過ごしでしたか?

今年はいわゆる「初夢」というものを見ました。
といっても1日の明け方見たので、本来の初夢のタイミングではないかもしれませんが...
とても印象的で美しい夢だったので、記念に少し書いてみます。

1日は3時頃まで眠くならず、布団に入ったのは4時過ぎでした。
しかし、妙な寝苦しさがあって、中々眠る事ができませんでした。
そうして、しばらく浅い眠りを繰り返しているうちに、いつしか眠ってしまったようでした。

深い深い沈黙と暗闇の中、ほのかに意識が明るくなってきました。
夢の中で、僕は海の近くにいました。
空は明るく、まるで南国のようです。
自分に他に誰かもう一人(妻だったかも?)と一人のニンフが傍らにいました。
昼の間は、僕たちは海に潜って遊びました。
ニンフは岸辺でこちらの様子を見ていたと思います。
息はいくらでも続き、まるでえら呼吸でもしているようでした。
海水は驚くほどに透明で、さほど塩辛くもなく、海の底には極彩色のイソギンチャクやナマコたちがいて、とても穏やかでした。
ちょっと不思議だったのは、そこには魚は一匹もいませんでした。
むしろ植物に近い生き物しかいない海でした。
c0037400_22452769.jpg

夜になると何故かニンフが活動をやめている時にしか、僕たちは海に入る事ができないことになっていました。
しかし、どうしても夜に海に入りたくなったので、ニンフには休んでもらう事にしました。
彼らは海水に浸けられると、ショックで一時的にゴラムのような顔になって気絶しました。
それでも、2〜30分するとまた元に戻ります。
僕たちはその間だけ、もう一度海に入りました。

昼間とは少し違った海でした。
海底にはところどころ白い小さな花が咲いていて、昼間よりさらに静かに青く澄んでいました。

そうしてしばらく海の中にいると、突然大きな黒と白の影が見えました。
クジラの群れでした。

7頭ほどいたでしょうか。
青黒いクジラに混じって、1頭の白いクジラがいました。
クジラたちは泳ぎながら円をつくり、その円を拡げたり縮めたりしていました。
時々尾ひれを使って遊んだりもしていましたが、それはまるで縄文時代か何かの古い踊りのようにも見えました。
そうしていくうちに、群れのリーダーと思しき1頭の巨大なクジラが、岸辺近くに寝そべるようにしてある動きをすると、まるでモーゼの奇跡のように海がひいて、辺りは大きな砂浜に変わりました。

クジラたちは思い思いの場所で横になり、まるでセイウチのように砂浜で寝そべっていました。
そうして、僕はその1頭のクジラの上に乗って、月明かりに照らされながらすやすやと眠りました。

....と、何か意味があるようなないような夢ではありましたが、その景色や海の中がとても美しかったり、滅多に見ないクジラの夢だったりしたので、妙に嬉しくなってしまいました。

さて、今年はどのような1年になる事やら。
ともあれ、皆様、今年もどうぞよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーー<<お知らせ>>ーーーーーーーーーーーーー
『ゆにわ』の施術に関する料金が1月1日より改定になりました。
詳しくはHPの方をご覧下さい。
[PR]
by yuniwauta | 2006-01-02 23:07 | 雑記帳

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31