ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

松江は熱い!

ちょっとバタバタしていて記事が遅れましたが、先日25日は松江で2回目のワークでした。

今回は薄曇りの空に大きな日輪が現れ、昼20名夜16名とほぼ定員近い人数。
県外や遠く浜田、岩見からも集まってくれたり、夜の部はファシリテーターとして企業研修などでも活躍中の樋栄ひかるさんが参加してくれたりと、とても濃く熱いワークになりました。

出雲、松江と繰り返し開催している中で、リピーターの方も増えて来ているという事もあり、今回は「アンサンブル」という所を重点的なテーマとして進めてみました。

ユニゾンリーダーは特に昼は20名という事もあり、とても重厚なハーモニーが生まれました。
目を閉じて一つのメロディーを共有しながら歌うというのは、非常に心地よいので僕自身も大好きなゲームです。
いつも面白いなと思うのは、やはり目を閉じてしまう事で耳の感覚が研ぎすまされるからと思いますが、途中幾度もジャストな完全音程が響きました。
音感教育を受けて訓練されている人はともかく、全くそうした素養がなくても自然にこうした完全音程が出て来て、まるで声明か何かのような不思議な音響が生まれます。
今回の後半のハーモニーは微妙に濁っていましたが(笑)曇り空から時々太陽が覗くように、時々とても美しいハモりが現れては消え、現れては消えして面白かったです。

さらに今回から、ある程度のルールのみを与えて自由に演奏させてみる、いわば自動演奏に近い「ヒューマン・インストルメンタル」の実験を始めました。
これはよく家でアナログシンセをいじっている時、つまみをいろいろ回しても一向に思ったような音が作れない事から発想したのですが、要するに人間をある種の楽器と見なして、それを演奏してみようという試みです。
相手は人間ですし、演奏する方もどうやって演奏するのか分からないので結果的に「どちらの意図でもない音(声)」が、どんどん生まれてくるのです。

皆やる事で必死のようだったので、僕はちょっと離れた位置から聞いていましたが、これは意外と面白い。
いろんなテンポのパルス、ノイジーな声.....初めは恐らく誰一人として、今発してる音が全体の何らかの音場を作っているとは思っていない感じがありましたが、順に交代していくうちに何か奥の方で「!」という感覚があったのでしょう、徐々に「音楽のようなもの」が生まれ始めてきました。
最後は2チームに別れて、お互いに聞き合い。

昔の時計屋さんに迷い込んでしまった時のような、草むらに寝転がって、虫たちの合唱に耳を傾けているような、そんな感じがしました。
これは今後も、更に進化形を作っていきたいと思います。

その他、今回の夜の部のソング・ゲームでは、どのチームもまず記念撮影してから始めるという新企画がはじまり、曲のエンディングが組体操だったり、間奏がダンスシーンになったり、一人が演じ、あとのメンバーがモノローグ風に歌を展開するなど、今までにないソング・シーンが見れました。

純粋に音楽をやるのではなく身体表現や演劇的要素も加わってくるので、よりエンターテイメント的な方向性が強かったですが、これはひとえにひかるさんの存在に影響されたからかもしれません。

いずれにせよ、いろいろな意味でインプロの可能性を垣間見たワークでした。
参加して下さった皆さん、CUNEの皆、ありがとう!

次は3月12日の東京。
出雲では25日に前回と同じ女性センターにて開催です。
出雲のワークは少しシーン作りも加えたワークになる予定です、乞うご期待!
[PR]
by yuniwauta | 2006-02-28 21:24 | インプロ

3月12日 東京ワークショップのお知らせ!

以前の記事でもお知らせしておりましたが、たくさんのお問い合わせを頂きました東京近郊でのワークショップ。
3月12日に2コマの開催が決定しましたのでお知らせします。

東京ワークは昨年6月から久しぶり。
逆にブランクがあるが故に、前回の時から比べても、自分の内面性や自由度の変化がかなりあるのでとても楽しみです。昼の部と夜の部がありますが、全く別の団体が主催になりますので、場所や料金、内容なども異なりますので、ご注意下さい。

予想ですが、昼の部のバーバン主催の方が比較的一般、初心者向け。
夜の部は恐らくインプロ経験者が多いので多少経験者対象ですが、もちろんどちらも初心者大歓迎。
両方出たいというガッツのある人、更に大歓迎です!

それぞれのワークは、それぞれの主催団体に直接メールにてお申し込みください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜まずは昼の部〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
イエローマンでもお世話になりました、アフタフ・バーバン主催
「魔法の扉」という定例企画として、やらせて頂きます。

日時:2006年3月12日(日)午後1〜4時
場所:荒川区三河島生涯学習センター音楽室(三河島駅歩いて5〜6分)
 荒川区荒川3−49−1       電話03−3802−2332
参加費:2000円
対象人数:20人(18歳以上どなたでも気軽に参加してください。)
持ち物:動きやすい服装、上靴あるといいです

※申し込みは、アフタフ・バーバン事務所まで。場所の詳細はきいてください。(担当・千葉)
アフタフ・バーバン詳細ページはこちら
メールでのお申し込みはこちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜夜の部〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
夜は場所を移して、文京区にて。インプロワークス「即興を遊ぼう会」の主催です。

日時:2006年3月12日(日)午後18:00〜21:00
場所:文京区の勤労福祉会館 第3洋室 地図はこちら
参加費:3,000円
詳細は即興を遊ぼう会HPをご覧下さい。
メールでのお申し込みはこちら
[PR]
by yuniwauta | 2006-02-22 23:05 | インプロ

チョコレートに気をつけろ!!!

だいたい毎年今頃の時期になると、とっても増えてきます。
背中の真ん中あたりがガチガチで、おなかがぷっくり、体も固くて毎日だるい....みたいな症状の方。
特に若い女性に多いですが、これに原因のひとつは実は「チョコレート」だったりします。
「チョコレート症候群」「チョコレート依存症」「チョコレート中毒」といった言葉を聞いた事があるでしょうか?
これらは明確な病名とは言えないのですが、いうなればそうかな?と言った症状ではあります。
はじめは少しつまむ程度だったのがどんどんエスカレートして、毎日板チョコを2〜3枚食べるとか、始終チョコを食べてないと落ち着かないとか、仕舞いにはご飯を食べないでチョコばかり食べている...という状態まで様々です。
ある種の依存、中毒症状である事は間違いありません。

原因としては....
バレンタイン前くらいから、新作やら海外の美味しそうなチョコが店頭に並ぶから...
ひとにあげるために大量に買うが、結局自分が食べてしまう。
旦那さんが仕事先からたくさん貰ってきたが、食べないので奥さんが食べる。
最近「チャーリーとチョコレート工場」や「ショコラ」を見たから(笑)
などなど、物理的な要因もなきにしもあらず.....
しかし、そうなってしまう人の深層意識には「何らかの強いストレスや不満」が隠れていたりするのは事実です。
確かにチョコレートにはそうした鎮静、リラックス作用があり、それが中毒や依存性を持ちやすい原因でもあるのです。

こうしたチョコ依存傾向のある方で、背中の真ん中あたりを触ってみて何だか腫れ上がってカチカチになっているとか、皮膚感覚が鈍い感じがしたら要注意です。

基本的な対処としては、とりあえずチョコ摂取をやめてハーブティーとかお茶などをたくさん飲むようにすると軽いものは数日で納まりますが、重度になると物理的に解そうとしてもなかなか解れないくらいガチガチになってしまいますし、こうなると肝機能は低下、血液はドロドロで、体中あちこちに様々な症状を引き起こす可能性があります。

これを読んでギクッとした方、美味しくてもほどほどに楽しみましょうね!!
[PR]
by yuniwauta | 2006-02-20 00:47 | からだのはなし

2/12 レイキ交流会『オーラ視について』  後記

3ヶ月ぶりのレイキ交流会でしたが、参加して下さった皆さんありがとうございました。

今回は『オーラ視』をテーマに掘り下げる事にしていましたので、少しワーク形式でお互いに感じようとすること、具体的なオーラの変化を視覚で捉える..といった実践を交えてみました。
思った以上に皆さんに何となくでも「見える」という感触を掴んでいただけたかな?と思います。
ワークのフィードバックから、少し追記しておきたい事がいくつかありましたので、参加できなかった方のためにも少し書いてみようと思います。

まず「オーラが見える」という状態ですが「オーラ」と一言で言っても、いろいろな層があります。
エーテル体、アストラル体、コーザル体といった高次の肉体レベルを視覚化している場合や、パーソナルカラーとも言われる魂のコードを視覚化している場合、チャクラのバランスによって生じたひずみを視覚化している場合など、実に様々な切り口があります。

そして、視覚化している人によって、同じ人のオーラでも違った色が認識されたりする事もあります。

超感覚的視覚についてはシュタイナーの学説にもありますが、ある人が通常の視覚で捉える事ができない世界の現象を感受した時は、その人の持っている記憶や素材を用いて比喩的なイメージを構築するという事があります。
分かりやすく言うと眠っているとき、例えば窓が開いて雨が降り込んできたので足がぬれたとします。すると、眠っている人は夢の中で船が難破して沈んでいくという夢を見ていたりします。
これは「足がぬれた」という体感を、「乗っている船が沈んでいき、足が水に浸かっていく」という体験(記憶)と繋げて視覚化している現象です。
これと同様に、オーラを視覚化する際には体表面に現れる精妙な肉体波動などを色という感覚記憶を用いて感受していたりするわけです。

体表面に現れる肉体や精神の状態は、一般的に「オーラ」として認識される代表的なものでしょう。
多くの場合、これは2層から3層に分かれて視覚化されます。
一番最外層は守護を表します。
二番目は肉体レベル(エーテルも含む)、もしくは既に表現されている自己を表します。
そして三番目(最も体表面に近いところ)は精神的なレベル、内的表現(気質、性格)や今の精神状態を表します(これは二層目に現れる事もあります。)

さらに第八チャクラと言われるエネルギーのセンターがあります。
個人差がありますが、おおよそ頭頂部から約15センチほど上の方にあります。
これは霊的な感受能力と比例していたりしますが、人によって様々な大きさがあります。

そして、視覚化の一番最奥部はハートチャクラの場所にあり、もっと深い部分、無意識や魂の性質を現していると思われます。

さて、これらを視覚化するにあたって必要なものは何でしょうか?
才能? 特殊能力? 先天的なプログラム?
もちろん、こうした事もひとつの要因ではありますが、ただ何かが見えたからといってそれだけでは何の意味もありません。
こうしたものは必要があってはじめて、見えてくるのです。

それは、例えば漁師の方が、一見晴れている海の上にいて嵐が来るのを察知する能力だったり、モンゴルの遊牧民が、数キロも離れたところにあるキノコを見つける視力などにも似ています。
何かを感じようとする。
それが生命に関する事であったり、必要に迫られている時には、そうした感覚のスイッチが入るのです。

レイキもそうですが、こうした能力は既にオプションとして誰にでも備わっているものです。
必要あって開発されるか、そうでないかの違いに過ぎません。

では、仮に何かが見えてしまった。
突然人の周りにいろいろな色が見えるようになったという方もいるでしょう。
そのような場合、ではどうすればその現象を有効に活用できるのか。
次回はそうしたテーマを掘り下げてみようと思います。
[PR]
by yuniwauta | 2006-02-13 22:24 | レイキ

2/25 松江 インプロソングワークショップ

c0037400_2241443.jpg松江での今年初のワークも期日が迫ってきました。
去年12月に続いてCUNE 2回目のワークになります。

詳細はHPの方にもアップしていますが、今日はチラシにてお知らせ。
夜の部には素敵なゲストもお越しになります。

今回も昼夜2部構成ですが、特にコース構成はありません。
若干夜の部の方が濃いメンバー(経験者が多い、という意味)ですので、実際濃いワークとなりそうな予感がします(笑)

日時: 2月25日(土)      
*チラシが2005年になっていますが2006年の間違いです。
   1)13:00〜16:00
   2)17:30〜20:30
場所:ヴィーナスガーデン 中ホール
定員:各20名
参加費:¥3,000 (学生¥2,500....何と学割あり!)

雪が降らない事を祈りつつ、皆様の参加をお待ちしています!


*************************************
3月12日東京でのワーク開催が決定しました。
場所は未定ですが、昼夜2コマのワークがあります。
それぞれ対象者区分が異なる可能性がありますが、詳細が決まり次第アップ致します。
[PR]
by yuniwauta | 2006-02-12 22:08 | インプロ

じいちゃんばあちゃんよ何処へ...?

島根は全国でもトップレベルの老人国らしい。
確かにお客さんの話を聞いていても、90代のおばあちゃんなんてざらにいるし(やはりおじいちゃんは少ない)100を越える話もしょっちゅう聞く。
この世代の方は体が省エネタイプになっているのか、大変な時代を生き抜いて来られたせいか、生きようとする力がとても強い。
何度も入院を繰り返しているのに、帰ってくるとすぐ畑仕事をしていたりする。
全く、この世代の方は何かDNAの構造も違うのではないかとも思ってしまう、時々家族の方につれられてうちにも来てくれるが、大腰筋も力強く、回復能も高いのにはいつも驚く。

しかし、これよりひと世代若くなると事情が違ってくる。
途端に要介護者が増えるのだ。
歩行困難、認知症、脳こうそく等による麻痺など...ありとあらゆる不調が見られる。
これは、戦後の食生活の変化や電化製品の発展など、生活の大きな変化期にあった世代でもある。
それからは日本人の体は弱る一方。
そして、こうした状況に対して付け焼き刃的に導入された介護保険やら、年金制度の見直し、しかし果たしてこれが解決に繋がっているだろうか?

町を車で走っていると、よくおじいちゃんおばちゃんを乗せた車を見る。
大半の方が車いすだったりする。
そんな時、ふと思うのだ。
じいちゃんばあちゃんよ何処へ....?
あなたが乗り込んでるその車は、どっちを向いていますか?
死の世界? 生きる世界?
一生懸命家族のため身を粉にして働いて、趣味も休暇も自分を知る事も犠牲にして.....
終いにはとうとう体を壊してしまった。
勤めも終えて社会的な役割を失ってしまった今、自分がどこに向かって行ったらいいのか分からなくなっているのではないですか?

『はじめることをやめなければ、老いる事はない。』とは、聖路加病院の日野原先生の言葉だが、言い得ているように思う。
仮に高齢の方でも、譲れない趣味があったり好奇心旺盛でいろんな事にチャレンジする人は見た目も若く、健康だったりする。(役者やアーティストなどが実年齢より若く見えるのは周知の事実)
現代の社会は、核家族が多かったり昔のような共同体生活でもないので、老人の役割というものが薄れてきているのは事実だと思う。
確かに『人に必要とされる』というのは、人間にとって大切な事。
誰からも相手にされなければ、その人はすぐに死んでしまうだろう。
しかし、本当にそんな消極的な世代なのだろうか?
焼け野原から復興した、あの勢いは何処に?
あなたたちの飽くなきクリエイティビティは、決して死んでないと僕は思うのだけど....

せめて、じいちゃんばあちゃんには楽しく余生を送ってもらいたいものだ。
恋愛したっていい、バカバカしい趣味に没頭してもいい。
早く年寄りになりてぇ!と言いたくなるような素敵なじいちゃんばあちゃんでいて欲しい。
もう遅いなんて事は永久にないんだから.....
[PR]
by yuniwauta | 2006-02-08 02:19 | 雑記帳

変容の風邪

去年の暮れあたりから、お客さんや友人の間でも風邪が流行っています。
僕の周りで見る限りですが、中にはインフルエンザやらノロウィルスのような強い症状の人もおられますが、大半はあまり発熱のない鈍い症状の風邪。しかも治りかけでまたぶり返すようなタイプの方が多いです。

かくいう僕も、1月大阪から帰ってからしばらくして突然目と頭に強烈な痛みが出て少し熱が出ました。
そのうえ普段は風邪をひいても半日〜2日程度で治まるのですが、今回のは治りはじめるのに1週間ほどかかり、やっと症状が落ち着いたと思ったら今度は強烈な咳です。
咳き込むなんてここ10年以上なかったもので、ちょっと新鮮(笑)ではありましたが....

ところがこの咳、意外な展開をもたらしてくれました。

今は全くですが、僕は3年ちょっと前までは喫煙者でした。
一日10本程度ですが、喫煙歴は中学3年(!)からですから、約17年ほどタバコ飲みだった訳です。
今までも時々あったのですが、今回咳をしているときたくさんの白っぽいタンが出ました。
しかもこれ、ニコチンの匂いがしました。
のどのイガイガ感よりも胸の不快感の方が強かったのですが、とにかく咳もタンも出すだけ出してみると数日たつと治まりました。

驚いたのは、咳が治まってみると、数年前からずっと右胸の奥のほうにあった不快感が薄らいでいました。
おまけにメンタル的にも、何だか力が抜けてとてもいい感じです。
体も軽やかで、力みもなし。
仕事後の疲労感が俄然軽くなっています。
まるで風邪の間に体の再構築でもしたみたいな感じで、咳のおかげでずっと奥の方にあった毒素が抜け出たようでした。

コリ感の強い人は、意外と風邪をひかない事があります。
風邪をひかないなら一見良いようですが、実は病気になるにも体力と(変化のための)柔軟性が必要で、体が緊張し過ぎていたり、体力が消耗しているとうまく風邪をひけないという事もあるのです。
なので、とても体が固かった人がボディーワークやレイキなどで体が緩むと突然風邪をひいたりする事があります。そして、たいがい風邪が治った時には以前よりずっと体が柔らかくなっています。

季節の環境に順応するために、体は時節ごとに微妙な変化をしています。
このプロセスの中で、それまでに余剰にたまった毒素(身体的、精神的)を吐き出して、新しく組み直すという事が起こります。なので、こうしたプロセスの副産物として風邪をひくというのは実はとっても自然な事なんですね。

確かに劇症が出た場合は、少し薬を飲んだりする事も必要かもしれませんが、がまんできる範囲であればなるべく薬を飲まずにゆっくり休むようにして、体が変化するのを助けてあげる方がずっと良い結果をもたらします。

中にはひと月以上症状が長引いたりしている方もおられるようですが、せっかくの機会ですから少し仕事のペースを落として休むようにするとか、粗食にして内蔵を休めるなど、簡単なメンテを心がけてみては如何でしょう?

ちょっと視点を変えると、風邪にも感謝できるかも?
[PR]
by yuniwauta | 2006-02-06 21:13 | からだのはなし

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28