ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ティーチャーについての残念

これは以前から問題になっており、ネット上の様々なところで話題になっている内容なのですが、多少批判的な書き方になるので、今まで記事にするのは控えていました。
それは、同じレイキのティーチャーでも色々な方がいるという単純な事実です。

僕自身はあまりこういう事をとやかく思ってはいなかったのですが、このところ再アチューンメントの依頼が増えて、この問題は取り上げる必要があると思いました。

本来レイキは一度受講すれば生涯使う事ができるというのが大前提です。
ですので、再アチューンメントというのは、ティーチャーの成長によって更に深いレベルのアチューンメントが可能になっている時や、クレンジングを含めたパワーアップを求める場合にのみ有効なものであると認識しています。

ところが、再アチューンメントを希望する方のお話を聞いてみると
「レイキを使えているという実感がない。」
「マントラを教わっていない」
「マントラは教わったが、どうやって使うのか聞いていない」
「テキストがなく、アフターフォローやサポートもない」
「遠隔しか対応していない」
等など、こちらとしてはにわかに信じ難い状態でアチューンメントをしている場合がたくさんありました。

「レイキを使えているという実感がない」
気感に関しては確かに個人差はありますが、ティーチャーの習熟度が充分にあれば、ある程度の気感もしくは体感は持てるようになるはずです。
これはサポートの充実によってほとんどの場合回避できる問題で、メールや電話などを通じてサポートしたり、勉強会などを開催して認識を深めてもらう事ができれば充分に対応可能と考えます。

「マントラの使用法やテキストがないという場合」
マントラの伝授をしていないというケース、考えられませんが実際にあるようです。
レイキなら3rdまで終了していれば必ず4つのシンボルが入っていますので、それがないというのはティーチャーの怠慢なのか、それともレイキと称する別のエネジーワークなのか判別は難しくなります。
また、テキストがないという場合も、もしティーチャーが日常的にレイキに親しんでいるならばいくらでも使える方法というのは伝授できるはずです。
もちろんフォーカスが異なればまた違った使い方というのも考えられるので、ティーチャーによってオリジナルな活用の方法を教えているところもあるでしょう。
しかし、こうした事が全くないとしたら.....残念ながらそのティーチャーはレイキを本当に理解しているとは思えません。

「遠隔しか対応していない」
本来対面で行うのが基本であるアチューンメントですが、確かに遠隔地や事情によっては遠隔でも可能です。
しかし、もし遠隔でしか対応していないとなると話は別です。
やはりエネルギー伝授とはいえ、基本的な信頼関係が築けていない伝授はいささか不安要素が多いものです。

遠隔のみの対応でも、事前の電話やメール、もしくはアフターケアなどで誠意ある対応をしているならば問題ないのですが、ただアチューンメントのみで、本人の住所や連絡先、顔写真すら明かさないというようなケースもあるようです。
このような場合は、ほとんどがサイドビジネスとしてレイキを利用している方で、日中は仕事をしているので、ほとんどの場合伝授は夜間のみの対応です。

この問題は、レイキのアチューンメントが技術的にそれほど難しいものではないという点にあるでしょう。
技術としてのレイキは、決して難しくありません。
アチューンメントも合理化され、しっかりとマニュアル化もされているので、さほど難しい技術を使わなくてもその質や深度を度外視すれば、実際誰にでも可能になっています。
なので、後はティーチャーの質であったり、相性、またはサポートの充実度といった側面が大きく作用してくるのです。


直接人と接するのが苦手で、それでもレイキを身につけたいからと遠隔を希望される方もいらっしゃると思いますが、そういう場合はまず事前にしっかりコンタクトをする事をお勧めします。
一番手っ取り早いのは電話をする事です。
声を聞くと直感的に相手の事を感じられますので、もし電話をしてみて相手から支配的な感じや圧迫感、苦しさを感じるようならそのティーチャーとは相性が良くないので、やめた方がいいでしょう。
逆に安心感や親しみが持てるようであれば、アチューンメントも質の良い体験となるはずです。

エネルギー伝授というのは一見目に見えないので、誰から受けても大した違いはないと思われがちですが、実は思っているより深いレベルに共振してしまうので、ティーチャー選びは慎重に行う必要があります。

また、何人もの方からアチューンメントを受けたり、レイキ以外のエネルギー伝授を頻繁に受けたりする方が時々おられますが、これは霊的混乱をきたす恐れがあり大変危険ですので注意しましょう。
[PR]
by yuniwauta | 2006-04-06 22:21 | レイキ

命主社の仮殿遷宮。

今年は何かと役が多いらしい。
出雲に来て4年目、とうとう今年は隣保班の班長になった。
この年度は近くの歴史博物館の落成やら、大社の例祭での稚児行列の当番やらと、いろいろと町内の仕事が重なっているとか...

そうして中でも大きいのが、我が家の裏にある出雲大社の摂社「命主社」の遷宮である。
ここは昭和33年の遷宮以来、約50年ぶりの遷宮となる。
僕は今年はたまたま班長だったので、社殿の御物を運ぶ役回りを仰せ付けられた。
命主さんにはいつも守って頂いているし大好きな神社なので、これは光栄と引き受けた。

知っている方は分かると思うけれど、命主社はそれほど大きな神社ではないので、遷宮の儀式といっても小規模なものを想像していたのだが...いざ当日になってみるとエラい事に!
社殿の前には4〜50人の神職の方々が出雲大社から来られ、神妙な笛太鼓の音が響き、祝詞が奏上される。
参列者は神職とこの町内の人たちに神社関係者(?)を加えて100名くらい。
観光客は一人もいない、純粋な儀式だった。
遷宮の祝詞のあとは、それぞれ役のある者は名前を呼ばれるので「おーー!」という警蹕で返事をして前に出る。
僕も御物を運ぶ係だったので慣れないながらに「おーー!」と言って前に出た。
大榊を渡され御神体の行列に加わる。

社殿からご神体を出し、大社内の十九社に運んで行く。
ご神体の周りの白い布や行列の規模からしても神迎えの行列と変わらない、そうそうたる儀式だ。

移動中は終止『警蹕』と呼ばれる「おーーー!」という声が響きわたるのだが、これがなかなかいい。
つい先日はヨグマタに出雲に来て頂いて、たっぷりとヒマラヤのバイブレーションに浸ったばかりなのに、今日は神道の儀式に参列し大榊を担いでいる自分が可笑しくもあったが、わずか10分程度の移動の中、自分の内側に何やら宿るものがあった。

この儀式は、いつから続いているのだろう?
なぜ、このような事をするのだろうか?
そして、僕は何故ここにいるのだろう?

儀式が終わったあと、我が家の管理人の方が満面の笑顔でやってきて
「あなたは運がいい。こんな事は、もう一生ないですよ。」と言って下さった。
土地の人々が大切に守って来た信仰の中に居て、よそ者である自分が何故このような経験を許されているのだろうか?

儀式の途中、いつの間にかこの地の空気に親近感を感じている自分がいた。
数年前までは神秘的な異国に思えた出雲が、今では自分の足のように一体化している。
一気に数千年の時がシンクロして、時間の感覚が溶けていくようだった。

未だ、ほろ酔いのような感覚が残っている。
秋には新しくなった社殿に、再び御神体を納める「正遷宮」がある。
その時には、また再び大榊を担ぎたい、と思った。
[PR]
by yuniwauta | 2006-04-05 21:52 | 出雲見聞録

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30