ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

建築物のための音楽

来る6月30日、松江カラコロ工房にて、パーカッショニスト、即興演奏家であるマルコス・フェルナンデス氏のプロジェクト『建築物のための音楽』に出演します。

詳細は下記サイトをご覧下さい。(画面中央と左下の白っぽい丸をクリックすると詳細ページへ飛びます。)

”空間を奏でる”

以下サイトより抜粋
=========================================
空間を奏でる: 建築物のための音楽
パーカッション奏者でありインプロバイザー(即興演奏家)でもあるマルコス・フェルナンデスが、「空間を奏でる:建築物のための音楽」“Sounding the Space: Music for Architecture”と題した新作シリーズを発表します。これはフェルナンデスの祖父が設計した4つの歴史的建造物での上演を目的として特別に制作されたマルチメディア・パフォーマンスで、2009年6月に、日本の4都市で発表されます。

会場となる4つの建物は、京都府京都文化博物館別館、大倉山記念館(横浜)、ルネスホール(岡山)、カラコロ工房(松江)で、20世紀初頭にフェルナンデスの祖父、長野宇平治が設計したものです。大倉山記念館を除く3つの建物は日本銀行の支店として設計されたものですが、それぞれ有形文化財や歴史的建造物に指定され、現在はNGOや公共利用のための施設に生まれ変わっています。

「建築物のための音楽」は非常に多層的な作品です。建物の歴史、建物と地域社会の昔と今の関わりなど、建築物に関するリサーチが作品に織り込まれています。それらのリサーチに基づいて、ライブ音源のサウンドスケープ(フィールドレコーディングおよびアコースティック音源やエレクトロニック音源によるインプロヴィゼーション)が建物の建築様式と神髄を活性化させ、さらにムーヴメントとビジュアルなインスタレーションが組み込まれています。

フェルナンデスの意図は芸術的なコラボレーションを通して、それぞれの都市住民の関心を引きつけることです。地元の歴史家、建築家、ミュージシャン、ダンサー、ビジュアルアーティスト達を交えて、作品の研究、リハーサル、上演が行われ、一般市民の方々をワークショップや討論会に巻き込もうと計画されています。

プロジェクトの全容(プロセス、建築物、歴史、地域社会、リハーサル、パフォーマンス)は、将来、発表することを念頭に、ドキュメンタリー映画製作にかけてはベテランのハンス・フェルスタッド Hans Fjellestadがビデオに収録する予定です。

=========================================
横浜、京都、岡山、松江の4都市で開催されるプロジェクト。
僕は松江にてマルコス・フェルナンデス氏と三味線の田中悠美子さんと共演します。

6月30日(火)18:30
カラコロ工房、松江
島根県松江市殿町43
0852-20-7000
HP
入場無料
主催:カラコロ工房
Marcos Fernandes - percussion, electronics
田中悠美子 - shamisen, voice
歌島昌智 - keyboards, percussion

今回初めてご一緒させて頂く凄腕のお二人。
さて一体どんな演奏になる事か。
いつものソロでは出て来ない新境地を開拓したいと思います。
[PR]
by yuniwauta | 2009-04-20 19:59 | おとだま紀行

奇跡の復活

このところブログの更新も全く止まっておりました。
実のところ、3月半ば頃から、心身ともに大浄化の波が押し寄せてきまして、珍しく風邪は長引くし、メンタル的にも過去のフラッシュバックが起こったり、妙に過敏になったりする事もありまして、お仕事中は普通にできるのですが、終わるとパッタリと倒れてしまうような状態が続いておりました。

先の記事で、何年も前から温めていた『再生の時』についてやっと文章にできたと思った途端、我が身にも思いっきりこれが起こりました。

事のはじめは左股関節の痛み。今まで一度も痛くなった事はない場所でしたが、ここは精神的葛藤の未消化感情が蓄積するところ。深い悲しみやうつの記憶、恐怖心などが溜まっている場所です。
自分なりに解してみたり、レイキやヨガなど色々試みましたが、今回はまるで効果なし。痛みは日に日に酷くなり、しまいには風邪のような症状まで出てきました。
普段風邪などは半日もすれば治ってしまうので、こじらせるような事はなかったのですが、こんな時のために常備しているホメオパシーもフラワーレメディも今回ばかりは効果なし、もう出るものは出すしかないという状態でした。

そんなこんなで2〜3週間ほどの葛藤の日々。
今自分に何が起こっているのかを冷静に見つめる手段は瞑想だけでした。瞑想をしている間は、それでも比較的身体の症状もメンタルも落ち着くので、これだけが頼りでした。
そして、昨日と今日、僕の瞑想の師であるヨグマタさんの出雲ダルシャンツアーの日を迎えました。(いつもなら、出雲での開催のときは当ブログでもお知らせするのですが、不調でパソコンに座っている事ができなかったため、今回はお知らせできませんでした。)

昨日会場に向かった時は、既に力を出し切った後で、道は間違うし、時間は異常にかかるしで大幅に遅刻。セミナーの部屋に着いても尚、身体の軸がぐらぐら揺れるような感じで正直ちゃんと座ってすらいられないのではないかと不安になるほどでした。
それが、その時3度目の受講になるヒマラヤのクリア(行法)を行じさせて頂いた間に、身体に張りついていた粘つくエネルギーや、黒い煤の塊のような感情の渦が急激に解けて行き、ここしばらく体験できなかった深い静寂の時間が流れました。時にまた感情の渦がわき起こったり、背骨が勝手にミシッと音と立てて調整されたり、静かで激しい変化が内側で起こっていきましたが、3時間後の会場を出る頃には嘘のように身体が緩んでポカポカと温かくなり、急激にお腹がすいて、夜食をがっつけるほどになりました。左の股関節の痛みもほとんど無くなってしまったのには本当に笑ってしまいました。

そして、今日のダルシャン。
ダルシャンとは聖者との対面という意味で、インドでは、聖者に合う事ができると奇跡が起こったり幸福になれるというので、多くの方が聖者のもとにブレッシング(祝福)を求めて訪れます。
今回は家族連れでの参加者がとても多かったのですが、ヨグマタさんは気さくな感じで、会場に来られた一人一人に声をかけ、祝福を与えて下さいました。
僕たちは一応お手伝いをさせて頂いた役得(?)で、祝福のハグもして頂きました。
それはそれは、天にも昇るような心地とはまさにそんな感じで、少し残っていたのどのあたりのつっかえも一気に取れてしまって、昨日までのあの大揺れは一体何だったんだろう?と思うくらい、この2日間でまるで奇跡のような復活を遂げさせて頂きました。

今回出雲の方のお知らせができず、僕からは限られた方のみへのお伝えになってしまいましたが、このダルシャンツアー、この後
16日(木) 名古屋
18日(土) 高松
19日(日) 大阪
と続きます。

ご興味を持たれた方は是非
サイエンス・オブ・エンライトメントHPの方をご覧下さい。
[PR]
by yuniwauta | 2009-04-12 23:26 | 瞑想

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30