ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

誠意

ネット上で話題になっているので、もう見られた方も多いかと思いますが、先日27日に衆議院厚生労働委員会にて参考人として児玉龍彦教授のお話がありました。

現場の声を聞き、今なお放射能汚染の危機に立たされている被災地の方々と真剣に向き合って来られている方の胸を打つ熱弁です。

未だ見ておられない方は、是非ご覧下さい。
そして、この声を広げてください。



追記

動画、時々削除されているようです。
各所で貼り付けられていますので、児玉龍彦で検索して頂くか、政府インターネットテレビのHPで7/27の衆議院 厚生労働委員会の動画はフルで見れます。
[PR]
by yuniwauta | 2011-07-29 12:02 | 衣・食・住

チェルノブイリ・ハート

『チェルノブイリ・ハート』
2003年に米アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したウクライナと米の合作映画。
昨日27日に衆議院第一議員会館で急遽上映会もされたらしい。

チェルノブイリ原発事故から16年、ゴメルというチェルノブイリから80キロほど離れた町で、生まれてくる子供の8割以上に先天的異常が見られている。チェルノブイリハートとは、心臓に重度の奇形を持って生まれてくる子供の事で、事故後顕著にその数が増えたため放射能による障害である可能性が指摘されてこの名前がついた。手術で治るものもあるので、世界中からボランティア医師がきて手術をしている。

8月に各地で公開される予定だが、youtube上に英語盤がアップされている。
<重度の奇形や手術シーンなどもあるので、閲覧は覚悟の上で>








そして、さらに事故から25年経ったキエフの病院には、今だに病気の子供たちが次々と運ばれてきている。




これは現実に起こっている事。
既にチェルブイリと同様の放射能漏洩を起こしてしまった福島第一原発の周辺で、これと同様の事例が生じないとは限らない。

IAEAとWHOは、チェルノブイリ事故の犠牲者を4000人と発表したが、ベラルーシの医師たちが発表した犠牲者数は98万5千人。原発を推進して来た国際組織であるIAEAと世界保険機構であるWHOは協定を結んでおり、事故の規模を小さくするように数字をごまかしている。

<環境クローズアップ  翻訳サイト>
チェルノブイリ:百万人の犠牲者

事故からもうすぐ5ヶ月になろうとしているけれど、未だ政府の発表するような収束には至っていない。このような事実を重く受け止め、私たちは声を上げ続けなければならないと思う。
[PR]
by yuniwauta | 2011-07-28 12:08 | 衣・食・住

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31