ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

簡単自作紙ジャケ

今までM自主制作によるCDアルバムを何枚もリリースしてきましたが、何となくCDRをプラケースに入ったまま出すというのが嫌で、何とか紙ジャケにこだわりたいと色々と試行錯誤していました。

キットを購入したり、手漉き和紙を使用したり色々と試したのですが、コスト面での問題、盤面デザインの自由度などを考慮すると印刷に出すのが無難、しかし、こういう発注は100枚単位などが多く、大きな作品はともかく私的リリース作品のような極小ロットには不向きと思えました。

それで、今回ふとした思いつきで試してみたら、あらら、案外良い感じに。。。
何でこんな単純な工作が思いつかなかったんだろう〜
そんなのとっくにやってるよ!という方はスルーして下さい。
が、もしかしたら僕のように灯台もと暗しで悩んでおられる方に作り方をシェアしたりしてみます。
これだと安価ですし、工作も簡単。必要な分だけ作れるし、一枚一枚手作業になるので、若干の差異は出ますが、その分気持ちもこめられます(笑)



まずは、PHOTOSHOPで 135mm x 270mm のファイルを作りデザインします。
それをA4フォトマット用紙に出力(トンボはガイドラインになりますので印刷しておくと便利です)
c0037400_004899.jpg


次に四隅をこのように切り取ります。組み立て時に端が当たらないようにトンボのラインよりやや斜めに切って下さい。
c0037400_23563971.jpg


裏返して。
c0037400_23574059.jpg


左(羽の小さい方)、上、下、右(羽の大きい方)の順に内側に向けて折ります。
こんな感じになります。
c0037400_23575860.jpg


それをくるりと丸めるようにして、大きい羽を折り込んだ上下の間に差し込みます。
c0037400_23582692.jpg


形成してできあがり。中に盤面印刷したCDを不織布に入れ、最後に紙ジャケ用ポリ袋で封をすれば完成。
c0037400_05317.jpg

[PR]
by YUNIWAUTA | 2013-09-22 00:08 | おとだま紀行

『SILKWORM444』

こちらに越してきて間もなく、全国各地の神社を巡って得たインスピレーションから即興的にシンセを奏でて作った『Prelude for the silkworm』この作品は、今もずっとゆにわでのクラニオ・セイクラルのセッションで使用していますが、口コミであちこちに広がって、色々な場所で使って頂いています。

エステサロン、ヒプノセラピー、レイキなどのセッション時に使って下さっている方や、ショールーム、待合室などのBGMという方、面白いのはある助産師さんが分娩室でかけて下さっていたり、葬典社の方が告別式のスペースで使って下さっていたり、ゆりかごから棺桶までお供させて頂いてます(笑)

当初、これは鎮静する音にしたいなと思い、通常より少し低いA=439Hzのチューニングで作りました。
ところが、最近になって、より癒し効果が高いのはA=444Hzのチューニングであること、そのセンターC音は528Hzとなり、この周波数には損傷したDNAを修復させる効果がある事などが分かってきました。

そこで、このアルバムを原盤より5Hz高くリチューンして再リリースする事にしました。
タイトルは『SILKWORM444』送料無料で1,200円です。
ご希望の方、メールにてお知らせ下さいね。
yuniwa@i.softbank.jp

c0037400_1863294.jpg

[PR]
by yuniwauta | 2013-09-20 18:06 | おとだま紀行

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30