ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

被災地への想い

8月8日から13日まで、大阪〜宮城へとワークショップとパフォーマンスの旅をしてきました。
大阪では子供たちへのソング(とうより音遊び)のワーク、宮城では飯塚ドラマスクールOBのメンバーと共にワークとパフォーマンスを子供たちへの文化支援の一環として。

中でも、震災以降、被災地へと赴くのは初めてでしたし、ネットを通じて感じていた事と現地の空気の中で感じる事とはきっと違うと思っていました。色々な事がありましたが、僕の中で一番大きかったのは11日の夜、石巻の大川小学校で音楽を捧げさせて頂いた事です。

長文ですが、自分自身の忘備録として書きます。

はじめ、飯塚ドラマスクールを主宰されているYさんからこのお話を頂いたとき、正直とても重いお役だと思いました。ライトアップニッポンという企画で、全国から義援金を募り、被災地の各所で慰霊の花火をあげるという事でしたが、大川小学校のあたりは壊滅的な被害にあっているので、インフラが整っておらず、当然電気も通っていない。花火をあげた後、暗い夜道を遺族の方々が帰って行かれる時があまりに寂しいので、そこで鎮魂の音楽を奏でて、皆さんが少しでも和んで帰れる様に演奏して欲しいといったお話でした。

ただ、3月11日以降、被災地の方々に何かできないか、自分なりの支援とは何だろうと考えつつも、なかなか具体的な行動に出る事ができないままで悶々としていたので、これは機会を与えて頂けたと、お受けしました。

僕たちを大川小学校へと案内して下さったのは、宮城でもともと支援学級の子供たちの心理カウンセラーをされているSさんという方でした。Sさんは震災直後からこの大川小学校の遺族の方々の心のケアにも取り組んでおられました。とても心のキャパシティーの大きな方で、僕はちょっとSさんの事を簡単に書けません、前日に秋保温泉の合宿所でオカリナでアメンジング・グレイスを吹いて下さった。大川小学校にも何度も赴いて、子供たちに向けてこの曲を吹いておられたという事でしたが、その音は胸の深い深い所まで響いて、感動というよりも、むしろその地に満ちている悲しみの想いや、失われた町の風景がありありと伝わってきました。

c0037400_23484615.jpg

(途中に寄った東松島の中学校にて。津波の跡が2階の壁や窓に残っている)
c0037400_23533671.jpg

(同じ学校の体育館。幸い生徒たちは無事だったが、卒業式の飾りがそのまま、大量の土砂とがれきが流れ込んでいる。)

Sさんの車に乗り、大川小学校への道すがら、かつてSさんが赴任していた学校や、現地の方々の置かれている状況や問題についてお話を聞きました。亡くなった子供たちと生き残った子供たち、遺族の葛藤、行政の不備...状況は時が傷を癒して、とは未だ言い難い。むしろ長期化するにつれでますます違った問題が生じて更に悪化しているようでさえありました。
そして、大川小学校への道は、多少整備されたとはいえあちこちにブルーシートがかかり、付近の家屋も半壊のまま放置、インフラ整備も行き届いていないという状況で、数日前に、やはり安全管理ができないという事で、ここでの花火が中止になってしまっていました。

必死でここでの花火を開催しようと頑張っていた遺族の方の落胆はそれは激しかったそうです。翌日の新聞を見れば、他の会場では花火があがったのに、大川小学校だけはできなかったのです。
そのかわりと言っては何ですが、僭越ながら、音楽だけ捧げに行かせて頂く事になりました。飯塚から音響機材を持ち込み、僕はシンセを、電源は車のシガーソケットからひいての急あつらえです。

ここで、何を奏でたらいいのだろうと、お話を頂いてから随分と考えましたが、前日にSさんのオカリナを聞いたとき、これは校歌しかないと思いました。そこで当校卒業生の方にお願いして楽譜を探して頂きました。結局、僕の即興演奏を2曲と、Sさんと一緒にアメイジンググレイス、そして集った方々と共に、3度、校歌を演奏させて頂きました。
c0037400_019819.jpg


鎮魂のための演奏であるし、僕自身は優しく奏でたほうがいいのではと思えました。ところが、2度目に演奏していたら、ふいに子供たちの笑い声がたくさん聞こえてきました。そして、一緒に歌い始めたのです。元気に力強く『もっと大きな音で弾いてよ』と言われているように思え、気付くと大音量で奏でている自分がいました。その声は他の方にも聞こえたと言われました。
遺族の方々の切実な想いがそうさせたのか、本当に子供たちの魂が集まってきて一緒に歌ってくれたのかは分かりません。しかし、少し曇がかかっていた空がしだいに晴れ、大きな月が夜空に輝いているのを見たとき、ここに集った方々の想いは、きっと彼らに届いている、きっと喜んでくれたに違いないと思いました。

しかし、現地の復興はまだまだです。
それほど被害が無かった内陸と沿岸部では大きな差がありますし、やはり現地に赴いて当地の方のお話を聞いてはじめて伝わってくるものがあります。自分など、ネットを通じて色々と情報を得ていたつもりでしたが、やはり現地に足を運んではじめて実感するものが大きかったです。
色々な話を聞くにつけ、もどかしい想いが湧いてくる事も多々ありました。

しかし、そんな中で、やはり当地に赴いて大川小学校周辺の地域でも心理的ケアをされてきたYさん曰く『それぞれ、自分の才能を活かして、自分なりのやり方でやるのがいい』との事でした。
先日話題になった東大の児玉龍彦先生も同じ事をおっしゃっていました。

僕には何ができたでしょう。
その場の空気を感じながら、祈りを込めて音楽を紡ぐ事。
ただ、それだけです。
小さな音の献花ですが、子供たちが天国へと帰ってゆく道を、ほんの少しでも照らせていたらいいなと思います。
そうして、また何度でもかの地に赴いて、再び音楽を捧げさせて頂きたいなと思っています。



震災からはじめてのお盆を迎え、被災された方の魂が、癒されます様に。
未だ見つからないたくさんの方の身体が、少しでも多く、遺族の方のもとに帰れます様に。
そして、残された方々の心の傷が癒えます様に。
心より、お祈り申し上げます。
合掌

c0037400_0461284.jpg

[PR]
# by yuniwauta | 2011-08-15 00:46 | 雑記帳

誠意

ネット上で話題になっているので、もう見られた方も多いかと思いますが、先日27日に衆議院厚生労働委員会にて参考人として児玉龍彦教授のお話がありました。

現場の声を聞き、今なお放射能汚染の危機に立たされている被災地の方々と真剣に向き合って来られている方の胸を打つ熱弁です。

未だ見ておられない方は、是非ご覧下さい。
そして、この声を広げてください。



追記

動画、時々削除されているようです。
各所で貼り付けられていますので、児玉龍彦で検索して頂くか、政府インターネットテレビのHPで7/27の衆議院 厚生労働委員会の動画はフルで見れます。
[PR]
# by yuniwauta | 2011-07-29 12:02 | 衣・食・住

チェルノブイリ・ハート

『チェルノブイリ・ハート』
2003年に米アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したウクライナと米の合作映画。
昨日27日に衆議院第一議員会館で急遽上映会もされたらしい。

チェルノブイリ原発事故から16年、ゴメルというチェルノブイリから80キロほど離れた町で、生まれてくる子供の8割以上に先天的異常が見られている。チェルノブイリハートとは、心臓に重度の奇形を持って生まれてくる子供の事で、事故後顕著にその数が増えたため放射能による障害である可能性が指摘されてこの名前がついた。手術で治るものもあるので、世界中からボランティア医師がきて手術をしている。

8月に各地で公開される予定だが、youtube上に英語盤がアップされている。
<重度の奇形や手術シーンなどもあるので、閲覧は覚悟の上で>








そして、さらに事故から25年経ったキエフの病院には、今だに病気の子供たちが次々と運ばれてきている。




これは現実に起こっている事。
既にチェルブイリと同様の放射能漏洩を起こしてしまった福島第一原発の周辺で、これと同様の事例が生じないとは限らない。

IAEAとWHOは、チェルノブイリ事故の犠牲者を4000人と発表したが、ベラルーシの医師たちが発表した犠牲者数は98万5千人。原発を推進して来た国際組織であるIAEAと世界保険機構であるWHOは協定を結んでおり、事故の規模を小さくするように数字をごまかしている。

<環境クローズアップ  翻訳サイト>
チェルノブイリ:百万人の犠牲者

事故からもうすぐ5ヶ月になろうとしているけれど、未だ政府の発表するような収束には至っていない。このような事実を重く受け止め、私たちは声を上げ続けなければならないと思う。
[PR]
# by yuniwauta | 2011-07-28 12:08 | 衣・食・住

エンデの遺言

NHK BS特集で放送された『エンデの遺言』
『モモ』『ネバーエンディングストーリー』などの童話作家として有名な氏ですが、NHKへの提案として『お金』に関する番組を作るように依頼していたようです。
今、原発問題、環境問題、TPPなどの様々な社会問題の底辺にある利権、経済の構造、つまり『お金とは何か』という根本的な問題に対して、まさに目からウロコな視点で描かれていて興味深いです。

地域通貨についての考察が主ですが、地域分散型、小規模エネルギーなどの問題を考える上で大変重要な示唆を含んでいると思います。












[PR]
# by yuniwauta | 2011-06-20 22:41 | 衣・食・住

私たちは何にNO、何にYESと言うか?

原発震災から3ヶ月。
未だ状況は芳しくなく、様々な問題が山積みの状況ですが、ここ1週間は国内各所で大きな動きがありました。
6月11日には『脱原発100万人アクション』と称した集会が海外11カ国、国内では約100カ所、企画も含めると200の集会などが起こりました。
僕自身は仕事だったので、家で祈りの瞑想を捧げるという形で参加。
あまりメディアは大きく取り上げなかったようですが新宿だけでも2万人、あまりデモのようなラディカルな動きをしない日本人が、ここまでのアクションを起こした事は、原発事故を受けてのエネルギー問題に対する関心の高まりを表していると思います。


これに続いて、ちょっとにわかに信じられない動きが!
菅総理、枝廣淳子氏、岡田武史氏、小林武史氏、坂本龍一氏、孫正義氏による、総理大臣官邸での
『総理・有識者オープン懇談会』総理自ら、各界の有識者5名と懇談会をし、その模様をネット中継し、かつツイッターで一般市民からの声も聞くという画期的な企画。
今まで現役の総理大臣がこのような事をしたケースは無かったのではないでしょうか?
僕自身、ここではじめて菅総理がリラックスし、かつ雄弁に自然エネルギーへの想いを語られた事に驚きました。2時間近い懇談会ですが、それぞれの方から造詣の深い言葉も出て来て、大変見応えのある内容でした。

中でも岡田監督の引用されたアメリカ・インディアンの言葉
『自然は、子孫から借りているもの』
という言葉は、とても胸に残りました。

『総理・有識者オープン懇談会』
↓↓以下アドレスをクリックすると開きます↓↓
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg4972.html

そして、今日。
エネシフ・ジャパンという市民と国会議員とで開催している勉強会に菅総理が。
不信任案決議の時の殺伐とした雰囲気とは打って変わって、拍手喝采にて再生可能エネルギー促進法制定への要望書が総理に手渡されました。

これは必見。時代の変化を感じます。


2部からは菅総理も登場。市民団体の集まりに現職総理が来るという事ってかつてあったんでしょうか?


僕自身は何に対してNOというかという事をある時期強く考えたのですが、ここ最近はむしろ、何に対してYESというのかという所により多くのエネルギーを注ぎたいと思うようになりました。
上記の動画、全てに於いて手放しで賛成という訳にはいかないものもありますが、大筋ではYES !と声をあげたい。

総理にはもう少し頑張って頂いて、このエネルギーシフトの足がかりをしっかりと築いて頂きたいと思います!
[PR]
# by yuniwauta | 2011-06-16 00:45 | 衣・食・住

巨大企業モンサントの世界戦略

震災と原発事故が未だ深刻な状況にある中、TPP問題があまり語られない事に危惧しています。

TPPについは論議が分かれるところではありますが、僕自身まず一番に心配しているのが、海外からの安価な農作物に対する価格競争の結果、日本の農業が大規模にならざるを得なくなり、結果、農業の工業化や害虫対策や農薬散布の必要がない遺伝子組み換え作物の流入を許す事になるのではないか?という事です。

まずは下記の映像を見て頂きたい。
(googleVideoはこのサイトでは動画埋め込みができませんので、アドレスをクリックして下さい。)

巨大企業モンサントの世界戦略<前編>
http://video.google.com/videoplay?docid=2219229390528597169#
巨大企業モンサントの世界戦略<後編> *イントロは同じですが内容は違います。
http://video.google.com/videoplay?docid=2219229390528597169#docid=-6469908545096925356

これは陰謀論ではなく、現実に起こっている事です。
最近、国内でもオーガニックコットンの製品が安価で大量に出回るようになってきました。
ナチュラル系が流行っているから、市場もそちらに動いたのかなとのんきに構えていたのですが、これは上記番組でも取り上げられている遺伝子組み換えのBT綿というシロモノだという事が分かり唖然としています。

綿に関する詳しいお話は
鴨川和綿農園
→HP

知らず知らずのうちに、こうした怪しげな作物が、私たちの暮らしの中に静かに蔓延りはじめている事に注意する必要があると思います。


追記
農林水産省が、新たにセイヨウナタネ、トウモロコシ、綿の遺伝子組み換え種子についてパブリックコメントを募集しています。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/110523.html
因に、ここで申請している企業、モンサント、シンジェンタ、ダウ・ケミカル、これにデュポンを加えた多国籍企業は世界の種苗市場を独占しており、遺伝子組み換え種子の特許も、ほとんど彼らがおさえているという状況で、これは極めて危険なアグリビジネスの支配構造を形成しています。
[PR]
# by yuniwauta | 2011-05-09 10:26 | 衣・食・住

福島原発暴発阻止行動プロジェクト 山田恭暉さんのお話

今日は管総理が浜岡原発の全停止を中部電力に要請のニュースがありました。
しかし、国内の50基以上ある原発や関連施設の事、その直後に経産省が早々原発固持の政策を発表した事、福島の状況が未だ予断を許さない状況である事など、手放しに喜び一色にはなれませんが、とはいえ頑に動かない様相を呈していた政府側の原発政策の見直しという動きが1ミリでも前進したという事は素直に評価すべきと思いました。

これを機に更に多くの方がこの問題に心を寄せ、この危険な『原発』という怪物を、優しく眠りにつかせられるよう、努力する事が必要と考えます。

そんな中で、今日はIWJで福島原発暴発阻止行動プロジェクト 山田恭暉さんとそのお仲間の方のインタビューがありました。

HP→福島原発 暴発阻止行動 プロジェクト

このインタビュー、言い知れない感動を持って拝見しました。
皆さんのひとつひとつの言葉の重さ。
『私たちの責任』
誰かを責める訳でもない、政府のやり方をこれはおかしいとかそういう事でもなく、やるべき事をやる。
とにかく、是非見て頂きたい。

僕自身は現場に赴くことはできませんが、賛同し応援させて頂く事にしました。
何ができるかは、これから考えます。


[PR]
# by yuniwauta | 2011-05-07 01:02 | エネルギー

被曝医師・肥田舜太郎さんが語る『真実の原子力』

広島の原爆で自らも被爆をした医師・肥田舜太郎さんは、以来60年以上に渡り被爆者を診て、「内部被爆の脅威」や「核の廃絶」を世界に訴え続けて来られました。

原爆による被爆者についての研究や、治療法などが、当時の米軍によって抑制され、きちんとした学問として確立できなかった事など、非常に分かりやすい言葉で語って下さっています。


[PR]
# by yuniwauta | 2011-04-30 23:19 | エネルギー

アーニー・ガンダーセン氏の見解

福島第一原発の状況について、元原子力技術者で現在はフェアーウィンズ・アソシエイトのメンバーとして反原発運動を進めるアーニー・ガンダーセン氏が見解を述べています。

MOX燃料が入っている3号機の状況が気になっていたのですが、東電も官邸もそこにはあまり触れないので、どうもおかしい。
氏は、1号機は水素爆発だが、3号機は即発臨界による核反応と言っています。
ということは核爆発?


そして、福島の子供たちや妊婦を含め、年間20ミリシーベルト被曝を『安全』とした問題について。
様々な方面から文科省、原子力安全委員に対して抗議していますが、同氏もロシア・トゥデイにてこのように発言しています。

福島原発事故の現状:アーニー・ガンダーセンがロシア報道番組で語る


チェルノブイリやTMIは原子力の危険性を明るみにしたとすれば、福島は原子力への嫌悪感を人々に焼き付けるでしょう。という氏の言葉は重いです。


それと同時に4月27日付けの衆議院決算行政監視委員会にて自民無所属の会、村上誠一郎氏の質問

東京はすでに被曝していた。」管理区域同等レベル 1/2

東京はすでに被曝していた。」管理区域同等レベル 2/2


答弁をしている連中は、皆、この件の責任者たちです。
こういう方々が国を動かし、幾多の命を危険に晒しているのかと思うと憤りの気持ちを抑えられません!

公式発表は大手メディアの報道とは、大きな温度差があるように思います。
後で問題なければそれで良いのですが、この他にも多くの有識者からの指摘があります。
私たちは、少し神経質なくらいでちょうど良いのかもしれません。

特に子供たちや妊産婦の方を第一に守らねばならないと思います。
[PR]
# by yuniwauta | 2011-04-30 01:08 | エネルギー

『ザ・サクリファイス』上映&脱原発集会のお知らせ

4月24日 松江の県民会館2F多目的ホールにて
『ザ・サクリファイス』上映会と脱原発集会を開催します。

『ザ・サクリファイス』はチェルノブイリ原発事故の事故処理作業に従事し、大量に被ばくした人たちのその後を追ったドキュメンタリ映画です。
福島原発で起きた事「ただちに人体に影響を与えるものではない」という周辺地域を汚染した放射能レベルは、人々にどんな影響を与えるのか解説します。

日時 4月24日(日) 午後2時〜3時半
参加費(資料代) ¥500
会場 県民会館2F多目的ホール
主宰 松江キネマ倶楽部『ザ・サクリファイス』上映&脱原発集会実行委員会
お問い合わせ 090-1336-0629(芦原)
[PR]
# by yuniwauta | 2011-04-15 23:40 | エネルギー

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30