人気ブログランキング |

ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

初めてのモノフィン

立て続けにフリーダイビング関連の話題ですが...
この競技に惹かれた大きな理由のひとつは先の記事に書いたヨガや瞑想との相似点だったのですが、もう一つの理由は、モノフィンを使ったイルカのような泳ぎ方でした。
c0037400_0495133.jpg

いわゆる足ひれのようなものはビーフィンといい、これが繋がって尾ひれのようになっているものをモノフィンといいます。水を掻く面積が大きいので、うまく使えればビーフィンよりも速いスピードで泳ぐ事ができるらしいのですが、YOUTUBEなどで検索すると、気持ちよさげに泳いでいる画像がたくさんあり、これは是非やってみたいと毎夜こういう画像を巡ってはうずうずしていました。

というのも、じつのところモノフィンは練習場があまりないのが難点。
このあたりのスイミング・スクールでも、ビーフィンならいいがモノフィンはダメ!と言われ、さてどうしたものかと思っていましたが、いつも通っているマリンタラソでは『人がいない時を見計らってやる分にはいいですよ。』とあっさりスルー。縦線18メートルはモノフィン上級者の人には狭すぎて危険(スピードが出過ぎて激突する危険があるらしい)なのだそうですが、初心者の僕には充分です。

実際のフリーダイバー達は、上の写真のようなとても大きなものを使いますが、これは腰などの負荷も大きくいきなりは大変そうだったので、僕は練習用にFINIS社製のモノフィン・シューターという小振りなタイプを購入し、今日はじめて使ってみました。

最近はようやくドルフィンだけでプールの端までは確実に行けるようになってきたので、これならと思ったのですが、使ってみると全然勝手が違ってボロボロ。モノフィンは左右の足先がロックされるので、きちんと左右のキックが揃ってないとうまく行かないうえ、今までの我流キックでは全然水を蹴れない事が判明。無理に力んだら足の裏がつって、左右ロックされているとフィンを脱ぐ事もできず情けない気分に...
それでも諦めずに短いところで、平泳ぎ+キックのターンを繰り返していたら多少調子が出て来たので、18メートルに再挑戦。3回ほど繰り返したら腰にピキッと小さな痛みが走ったので、とりあえず無理はせずに終わりました。

途中、ほんの少しですが、水の中を滑って行くような、するっと抜けて行くような瞬間が何度もあって、これが持続できたら、きっとスピードも出るし気持ちも良さそうでした。それに水から上がった後の何とも言えない感覚。人魚っぽいとでもいいますか...ちょっと今まで経験した事のない感覚で、うまく言葉にできませんが、何だか懐かしいような初めてのような不思議な感覚が体に宿って、妙にハイになっている自分がいました。
by yuniwauta | 2008-11-27 01:21 | フリーダイビング

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30