人気ブログランキング |

ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

脳幹弛緩ヒーリングについて

「ゆにわ」では最近、この「脳幹弛緩ヒーリング」を推奨しています。
「足つぼ」ならぬ「頭ツボ療法」とでも言いましょうか.....
頭部の緊張を解し、脳の活性化を促す施術法です。

昨年一時期、これを施術の最後に加えていた事もありますが、実際に確実な効果をあげるためにはある程度の時間が必要で(頭部だけで30〜40分)施術の一部分という形では不十分のため、独立して「脳幹弛緩ヒーリング」という形にさせて頂きました。

何故このような手技が必要かというと、今までの整体やカイロ・プラクティックなどの手技療法は全身療法と呼ばれていますが何故か頭部へのアプローチがほとんどありません。
しかし、現代人は昔のように身体性を伴った労働よりもむしろ頭部(特に目)を酷使する時間が多くなっています。
そのため多くの方が何となく頭が重い感じを持っていたり、顔の皮膚が緊張していたりという感覚を持っていると思います。こうした症状は頭蓋骨の周りにある筋肉群や神経、頸椎などの緊張によって脳に血行が阻害されて、脳が酸素不足になっている徴候です。

これは普段の生活の中で実際の体感を伴った体験よりも、テレビやパソコン等からの情報によって様々な刺激を得ているためであったり、労働そのものも様々な技術革新によって体を使わずに多くの作業ができるようになっていることも要因の一つではないかと思われます。
体と脳との稼働バランスがどうしても脳の方に偏ってしまっていますので、実際に体が疲れていると感じていても、本当は脳が疲れている場合が非常に多いのです。

「人間は脳の数パーセントしか使っていないのに、脳が疲れるの?」と思われる方も多いかと思います。
実際には脳は筋肉のような疲労をしないと言われています、しかし多くの人の脳は頭蓋骨の緊張によって固く締め付けられ、本来の働きが出来ない状態になっている事は事実です。

全体がバランスよく使われていれば問題ないのですが、ほとんどの場合ある部分だけが局所的に酷使されているということが問題なのです。

一つの考えに固執する、同じ事ばかり繰り返すといった刺激が繰り返されると、脳は不活性になってしまいます。行動一つをとっても様々な刺激、動き、アイデアといった柔軟さがあれば脳はフル回転で活性化されてかえってリラックスするという事実があります。

これを思考レベルではなく、手技によって同様の効果を得られるよう開発されたのが「脳幹弛緩ヒーリング」です。
脳幹弛緩ヒーリングでは脳のあらゆる部分に均等に刺激が入るようにします。
この刺激により普段使われていない脳の部分も活性化され頭がスッキリします。

このヒーリング法はインドで「チャンピー」と呼ばれるヘッド・マッサージにヒントを得ました。
もともと理髪店で髪と頭皮をリフレッシュさせる目的で行われていたようです。
インドではココナッツやセサミオイル等を用いて女性の場合は特に髪の毛に、男性の場合は特に頭皮に焦点をあてて施される施術で、「シャンプー」という言葉はこの「チャンピー」から来ています。

「脳幹弛緩ヒーリング」は、この「チャンピー」を更に進化させ、顔面、頭部、首、胸椎上部までを含む刺激によって頭骸骨、大脳、脊髄といった神経系の根幹部分を弛緩させる事を目的としています。

頭部の緊張が取れると、首のコリや肩の痛みなどはかなりの割合で軽減します。大脳の緊張と酸素不足によって阻害されていた自律神経の自然な働きが復活し、体がポカポカと温かくなったりします。
背骨を真っすぐに保つ、体温や血圧、血糖値などを一定に保つ「ホメオスタシス」という働きが脳幹部にありますが、これが正常化します。
結果免疫、ホルモン分泌、自律神経系の働も本来のバランスを取り戻すでしょう。

また皮膚の細胞はもともと神経細胞と同じ細胞ですので、神経系が弛む事によって皮膚の引きつりや老化も軽減していきますし、顔のむくみや表情の硬さなども軽減し柔らかい表情になります。

「ゆにわ」では、これを仰向けに寝た状態で行いますので、施術が進むに従って体が布団の中に沈み込んでいくような深いリラックス感が得られます。

この手技は身体的にだけでなく精神にも高い効果があります。
脳がどんどんと弛緩していくに従って、意識の深い部分が活性化してきます。
この状態は熟達した瞑想によって得られる状態とも似ています。
多少個人差はありますが、「頭が空っぽになった状態」、「天心」とか「空」と呼ばれる状態に近い意識状態を体験する方も多くいます。
この体験によって、始終休みなく思考に使われ、眠っても夢で働かされ続けている脳がリラックスします。
結果脳がリフレッシュし、新たな活力を取り戻す事ができるのです。

慢性の頭痛、肩こり、首の痛み、(末端)冷え性、うつ、不眠症、自律神経系疾患等をはじめ、なんとなくやる気が出ない、気分が晴れない、くよくよ悩んでしまうような場合はこうした症状の軽減が期待できますし、筋肉の緊張バランスや背骨をはじめとする骨格は脳幹の正常化によって本来の位置に戻っていきます。
また更に自分の能力をアップさせたい方にもおすすめします。
頭がスッキリしますので思考も明晰になりますし、新しいアイデアや概念などに対する柔軟性もアップします。

この方法自体が新しいものですので、これから更にいろいろな効用が見いだされる事でしょう。

是非この心地よさを多くの方に体験して頂きたいと思います。

関連記事と詳細は「ゆにわ」のHP

*まだメモ程度の内容です。
何分新しい領域の事ですので大脳生理学等の資料を元に随時修正を行っていますのでよろしくお願いします。
脳という未開の地への直感的理解で書いております、理論的矛盾などご指摘などありましたら是非お知らせ頂きたいと思います。
by yuniwauta | 2005-03-13 21:45 | 脳幹談義

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31