人気ブログランキング |

ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

奇跡の復活

このところブログの更新も全く止まっておりました。
実のところ、3月半ば頃から、心身ともに大浄化の波が押し寄せてきまして、珍しく風邪は長引くし、メンタル的にも過去のフラッシュバックが起こったり、妙に過敏になったりする事もありまして、お仕事中は普通にできるのですが、終わるとパッタリと倒れてしまうような状態が続いておりました。

先の記事で、何年も前から温めていた『再生の時』についてやっと文章にできたと思った途端、我が身にも思いっきりこれが起こりました。

事のはじめは左股関節の痛み。今まで一度も痛くなった事はない場所でしたが、ここは精神的葛藤の未消化感情が蓄積するところ。深い悲しみやうつの記憶、恐怖心などが溜まっている場所です。
自分なりに解してみたり、レイキやヨガなど色々試みましたが、今回はまるで効果なし。痛みは日に日に酷くなり、しまいには風邪のような症状まで出てきました。
普段風邪などは半日もすれば治ってしまうので、こじらせるような事はなかったのですが、こんな時のために常備しているホメオパシーもフラワーレメディも今回ばかりは効果なし、もう出るものは出すしかないという状態でした。

そんなこんなで2〜3週間ほどの葛藤の日々。
今自分に何が起こっているのかを冷静に見つめる手段は瞑想だけでした。瞑想をしている間は、それでも比較的身体の症状もメンタルも落ち着くので、これだけが頼りでした。
そして、昨日と今日、僕の瞑想の師であるヨグマタさんの出雲ダルシャンツアーの日を迎えました。(いつもなら、出雲での開催のときは当ブログでもお知らせするのですが、不調でパソコンに座っている事ができなかったため、今回はお知らせできませんでした。)

昨日会場に向かった時は、既に力を出し切った後で、道は間違うし、時間は異常にかかるしで大幅に遅刻。セミナーの部屋に着いても尚、身体の軸がぐらぐら揺れるような感じで正直ちゃんと座ってすらいられないのではないかと不安になるほどでした。
それが、その時3度目の受講になるヒマラヤのクリア(行法)を行じさせて頂いた間に、身体に張りついていた粘つくエネルギーや、黒い煤の塊のような感情の渦が急激に解けて行き、ここしばらく体験できなかった深い静寂の時間が流れました。時にまた感情の渦がわき起こったり、背骨が勝手にミシッと音と立てて調整されたり、静かで激しい変化が内側で起こっていきましたが、3時間後の会場を出る頃には嘘のように身体が緩んでポカポカと温かくなり、急激にお腹がすいて、夜食をがっつけるほどになりました。左の股関節の痛みもほとんど無くなってしまったのには本当に笑ってしまいました。

そして、今日のダルシャン。
ダルシャンとは聖者との対面という意味で、インドでは、聖者に合う事ができると奇跡が起こったり幸福になれるというので、多くの方が聖者のもとにブレッシング(祝福)を求めて訪れます。
今回は家族連れでの参加者がとても多かったのですが、ヨグマタさんは気さくな感じで、会場に来られた一人一人に声をかけ、祝福を与えて下さいました。
僕たちは一応お手伝いをさせて頂いた役得(?)で、祝福のハグもして頂きました。
それはそれは、天にも昇るような心地とはまさにそんな感じで、少し残っていたのどのあたりのつっかえも一気に取れてしまって、昨日までのあの大揺れは一体何だったんだろう?と思うくらい、この2日間でまるで奇跡のような復活を遂げさせて頂きました。

今回出雲の方のお知らせができず、僕からは限られた方のみへのお伝えになってしまいましたが、このダルシャンツアー、この後
16日(木) 名古屋
18日(土) 高松
19日(日) 大阪
と続きます。

ご興味を持たれた方は是非
サイエンス・オブ・エンライトメントHPの方をご覧下さい。
by yuniwauta | 2009-04-12 23:26 | 瞑想

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30