人気ブログランキング |

ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

言葉を越えて

今日はお休みだったので、あるお子さんのお見舞いに行ってきました。
今年4歳になる男の子で、今月の初めに原因不明の心臓発作で入院し、今は心臓は動いていますが自律呼吸はなく意識不明です。

10日過ぎにお母さんから連絡を頂いて、それから毎日遠隔をさせて頂いています。
お客さんの中でレイキを取得されている方には連絡を取って、できる方にはお願いして送って頂いています。(ご協力頂いた方、ありがとうございます!)

遠隔をし始めた頃は頭がズキズキして、魂がショック状態で飛んで行っているように感じましたが、病院のスタッフの方や皆さんの助力と彼の生命力のお陰で少しづつ良くなってきたようです。
今では完全に体の中に入っている感じがします。
日に日に顔色が良くなって、穏やかな顔になっています。

私自身、先日の岡山行きで凄くクリアになっていて、今日は誰かにエネルギーを送りたくてウズウズしていました。そんな中でふと思い立って彼に会いに行ってきました。

彼自身は自律呼吸もありませんので、当然話はできません。
でも不思議ですが、近くにいって彼の名を呼ぶと「フッ」と答えてくるのを感じます。
病室に行くのは今日で2度目ですが、毎日遠隔しているのでちょっと友達感覚になってます。

体自体は凄く良いようで、やはり問題は脳です。
心停止から蘇生までに随分時間がかかってしまったので、一番ダメージを受けているのだと思いますが、今日も後頭部からずっと送っていました。

頭の後ろに手を入れるとキャッキャと喜んでいるような空気が伝わってきました。
「それは情が移っているからじゃないの?」と言われそうですが、仕事柄いろんな方の感情エネルギーに触れていますから、ある程度の診たてはできているつもりです。
実際送ってみるとすごく元気な脳で、もちろん詰まっている感じもあるんですが、レイキがどんどん入っていくにつれ今にも話し出しそうな感じがしました。

その後しばらくしてお母さんから、
「あれから嬉しそうな顔な顔してます、ニコニコって感じで!」
というメールを頂きました。
あくまで直感的にですが、体こそ動いていないけれど、彼はちゃんと周囲の事も全て感じていてこの体の中でちゃんと生きているんだという事を本当に感じました。

彼自身はそういう状態ですが、この事をきっかけに彼の家族が一つにまとまり(以前はちょっと殺伐としていたそうです)結果的に家族の絆が深まったと言います。
物事は良い悪いでは測れない、いろいろな側面がありますね。
私自身も彼の存在によって大きな学びをさせて貰っています。

夢の中ではもう2回ほど話をしました(笑)
願わくば、もう一度起き上がってほしいと願っています。
この記事を読んで「私も遠隔を送ってあげたい」と思って下さった方がいらっしゃいましたら、是非こちらまでメールして下さい。
ご協力、お待ちしています!
by yuniwauta | 2005-03-28 23:44 | レイキ

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30