人気ブログランキング |

ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

曽枳能夜(そぎのや)神社

斐川にある神名火山(別名:仏教山)の麓に、小さなお社があります。
曽枳能夜神社と書いてそぎのやじんじゃと読みます。
ここにはこの地方(キヒサの里)一体の守護である伎比佐加美高日子命(キヒサカミタカヒコノミコト)が祀られています。
元々この神社は、仏教山の頂きにあったのですが、いつしかこの麓の地に祀られるようになったそうです。
この神社は「出雲風土記」にも記載されている古い神社ですが、かつては出雲大社の原型がここにあったという説もあるようです。

一昨年道に迷って偶然通りかかった神社なのですが、好きでよく行きます。
というのも、ここにちょっとお気に入りの岩があるからなのです。
c0037400_2359919.jpg
ちょっと見えにくいですが、左に神魂伊奴知主命(カミムスビイノチヌシノミコト)とあります。
これは以前紹介しました、我が家の裏にある命主社と同じ祭神です。

この岩、ちょっと変わった岩なのですが、この近くには意外とあるようです。
さざれ石?溶岩?隕石?
浅学の僕には判別しかねる代物ですが、この岩の近くにいるとスーッと体が洗われるような気持ちになったりします。
今、この神社はちょうど遷宮の最中ですので社殿はなく岩の周りも雑に土が盛られていますが、普段は氏子の方々が大変綺麗にされているのでもの凄く気が良い所です。

この近くには出雲の誇る笛師、樋野達夫さんもお住まいです。

たまたまここの神社の方がお客さんで来て下さったりして、また不思議とご縁がありました。
小さいお社で決して有名ではありませんが、僕はこういう場所がとても好きなのです。
by yuniwauta | 2005-06-22 00:15 | 出雲見聞録

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31