人気ブログランキング |

ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

笑いのチカラ

今日もお客さんと話していたのだけれど、確かにここ島根は老人が多い。
それに皆さんやけに元気だ。
とはいえ男性と女性の比率はやはり圧倒的に女性が長生き。それにご主人の方が多少年上だったりという事もあるのかもしれないが、要介護のご主人のお世話をされている方も少なくない。
しかしここのおばあちゃんは何かと元気だ。90歳代はざらにいるし、100歳をこえてもまだまだ達者な方も沢山いる。一体、この方々の長寿の秘訣は何なのだろうか?

僕は、一つは笑いのチカラなんじゃないかと思っている。

笑いが免疫機能の活性化につながることは、既にいろいろな面で立証されているらしい。免疫というと目には見えないので分かりにくいが、確かに腹底から笑うと横隔膜が動き、大腰筋が弛む。腹部だけでなく全身の血行もよくなるのだから当然体にいいのだ。

それに笑いは頭を使わない、人を笑わせる職業の人は、それなりに頭を使ってネタを作ったりしている場合もあると思うが、笑う方はただおかしいから笑うのであって、理屈などはどうでもよい。矛盾した抽象思考だろうが理由のない行動だろうが関係ないのである。

このあたりのおばあちゃん達は、「お茶飲み」といって毎日のように誰かの家に集って、サバの煮付けや煮しめなんかをつまみにおしゃべりをしている。僕も何度かそういう集いに呼ばれた事があるが、皆さん本当によく笑う。
毎日会ってるのに何で話のネタが尽きないのか不思議でしょうがないが、たいがい日常の些細な事やテレビで見た健康法などの話で、さして頭を使うものではない。これがまたいいのだ。

こういう集いは女性のもので、男性のこうした集いは無い事もないのだろうが少ない。だいたい男性は集まると酒飲みに展開してしまうが、女性はお茶で盛り上がれるから健康的だ。多少食べ過ぎ傾向はあるかもしれないが、会話というのもそれなりにエネルギーを使うから消費されているのだろう。

かのアインシュタインが「笑いの原子」というものについて論文を書いているのをご存知だろうか?
世界は「笑いの原子」でできている、ところが放っておくと「笑いの原子」はしだいに不活性になって錆び付いてくる。人間がこの世界に現れた理由は、笑いという行為をもってこの「笑いの原子」を活性化させ、世界を再生させるためである云々....彼の晩年に書かれた未発表の論文らしいのだが非常に興味深い。

体に痛みを持っているお客さん、中にはとても無表情な方もいる、だいたいそういう方は筋肉も固い。「最近腹の底から笑ってますか?」と聞いてみると大半の方が「いいえ」と答える。

でもそんな方も、いろいろ話をしているうちにふと笑う事がある。するととても緊張していた体がすっと弛み、リラックスした表情になる。これは、普段の無感動な生活によって錆び付いた体内の「笑いの原子」が、ふとした会話の中でその人が笑うことによって活性化されて、本来の生命力を取り戻した結果であるのではないか。

笑いは偉大な治療師なのだ。
by yuniwauta | 2005-01-22 02:52 | からだのはなし

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30