人気ブログランキング |

ゆにわのうたひ

yuniwa.exblog.jp ブログトップ

2005年 04月 22日 ( 2 )

サイキック・リーディングを受けた!

今回の大阪行き、実はもうひとつ楽しみがあったんです。
最近ひょんな事から知り合って、ブログのリンクもしているヒーラーの森めぐみさんとの交感セッションです。
普段がほとんど一匹オオカミな僕ですが、こうしたヒーラー仲間に出会えるのは嬉しい限り。
森さんとはあるヒーリングを共同作業させて貰ったりもして、とても刺激を受けています。

今回は僕から森さんへのレイキ・アチューンメント。
そして、森さんから、僕の過去生についてのサイキック・リーディングとヒーリングをして貰いました。

自分の過去生については僕自身いろいろなワークの過程で結構思い出してはいたのだけど、客観的にちゃんと見てもらったのは今回が初めてでした。

細かい内容については個人的な事なので公開しませんが、今自分にある深い心の傾向や自力で外せない体の痛みなどが過去生に起因する事があるという事を再認識させられる体験でした。

僕の体験でも、クライアントのある方にアチューンメントをした時、ふとその人の背中から槍が貫通しているのが見えた事がありました。もちろん霊的な槍です、過去に殺された時の痛みが、記憶としてこうして残っている場合があるのです。
この方の場合は、ずっと胸に痛みのような違和感があったのですが、一緒にこの槍を抜くという行為をする事で痛みが取れました。
僕はいつもはこういう事はやりませんが、時々こうした不思議な事例に出会います。
通常の体の認識ではないレベルにアプローチする必要がある場合がけっこうあるのです。

そんな中で僕は右鎖骨下にずっと消えない痛みがあり、これは過去生で何か裏切りがあって刺し殺された跡だという事までは分かっていました。
こうした痛みは物理的な刺激ではなかなか消えません。
しかし自分ではどうしても抜くことができず、誰か抜いてくれる人を探していたのです。

森さんのヒーリングはとてもパワフルで、この記憶に刺さった刀を抜いてくれただけでなくその傷を受けた時の情報も一緒にリーディングしてくれます。
僕はその傷跡にいろんなものがおまけでくっついてしまっていたので自力で抜けなくなっていたんだそうです。

長年気になっていた痛みを取ってもらったのでとても楽になりました。
嬉しさのあまりちょっと弛んで風邪をひいてしまいましたが、リーディングされた過去の毒素が排泄されているようで、これが抜けると更に軽くなれそうです。

いい機会なので今度、少しこうした技術を伝授してもらってもう少し深いレベルのヒーリングもできるようになりたいなと思っています。

即興ワークもヒーリングも、
仲間って大切だな〜といろいろな意味で認識させられた大阪行きでした。

森さんのサイトSmilimg Hearts
by yuniwauta | 2005-04-22 23:38 | 雑記帳

大阪即興ソング・ワークショップ後記

先日、大阪にて初(?)の即興ソング・ワークショップを開催しました。
僕自身、こうしたワークショップは2年振りであったし、初めての大阪....
期待と不安入り交じりの当日でしたが、昼の部、夜の部共に20名近くの方々に参加して頂き、大変充実したワークショップとなりました。

昼夜とも、まず始めにアップとして、インプロワークスの絹川友梨さんに即興的な言葉や動きのほぐしをしてもらいました。
友梨さんは日本全国でこうした即興のワークを展開している超ベテラン。今までも何度も彼女のワークに参加させて頂いていますが、毎回う〜んとうならせられます。

僕自身、ヒーリングとして脳幹弛緩など脳の活性化を目的とした手技を行っていますが、この即興ワークというのは体や言葉の表現を通して、やはり同じように脳を活性化して開いていくもの。しばらくやっているうちに体も温まり、自然に頭が柔らかくなっていくのが分かります。

そうしてバトンタッチ。
まずは基本的なリズム、手や足を使ってリズムを取って脳のリズム回路を刺激。
簡単なキメのあるリズムパターンを皆でやるところまでいって少しリズムに慣れたところで、僕のソングワークでずっとやっている「ビバ・アフリカ」というゲーム(?)に突入。

これは、全員が輪になって踊りながら指名された人が真ん中に立ち、真ん中の人が4拍パフォーマンスしたことを次の4拍全員がまねするという単純なゲーム。
真ん中に立つと、とりあえず全員からのエナジーを受けられるので誰でも勢いで動き始めてしまいます。

このあと活元運動などをしてもう一度体を弛め、簡単な発声のレクチャーのあと声のワークへ。
口から口へと声を回す、声回し。
非常に単純なものですが、これをやっているといつもチベットかどこかの僧院のような不思議な音響が生まれて心地いい。
そしてちょっとしたフレーズの呼応や「人間ディレイ」等のゲーム、そして最後には皆でゴスペル調の歌をワンコーラスづつ歌って大合唱!

夜の部は、この合唱から更に進めて、4〜5人のグループでの即興ソングに挑戦。
ジャンル、タイトルと曲調のメジャー・マイナーはそれ以外の参加者から指定してもらい。
一人ワンコーラスづつ歌ったあと、全員でキーワードを見つけて繰り返してサビをつくる。

ちょっと高度かな〜と思っていたんですが、皆さん凄い!
あれよあれよと言う間に10曲のオリジナルソングの完成。
短れど、非常に完成度の高いものもあり、次回は録音しようという声も....
即興でその場限りの歌だけど、こうして持ち帰れる形があってもいいかもしれません。

そして最後は一人一人での自由な即興ソング。
簡単なタイトルを貰って、その人からきたイメージで伴奏を作って歌ってもらいます。
約20曲の一人一人の歌。
ソングのワークをするといつも思うのだけど、自分の言葉で歌ってもらうと、ひとりひとりの輝きが見える。
葛藤する姿、恥ずかしいながらも言っちゃった〜みたいな事、ちょっと感動してしまうような温かい言葉、いろんな歌の姿、こころの姿が見えて、こちらまで感動してしまいます。

最後はラストの人から全員でコーラスを作って終了。

今回は共同作業という収穫も大きかったです。
始めのアップを友梨さんにお願いできた事、途中作曲家の野村誠さんとそのお友達の方も飛び入り参加してくれました。
野村さんが意外な(しかしおいしい)所でピアノを弾いてくれたり、ちょっとしたアイデアがどんどん膨らんで行く。
これは即興ならではのおいしいツボだな〜と思ったり。

僕自身もとっても楽しめた一日でした。
参加してくれた皆さん、ありがとう!
また遊びましょうね〜!

ひとりひとりの歌。
今年は島根でも始めます。
乞うご期待!

ソングワーク以外の即興ワークのお問い合わせは
絹川友梨さん主宰のインプロワークス
大阪方面、即興ワークなどはこちら
フリーフライツ
by yuniwauta | 2005-04-22 22:34 | インプロ

ゆにわ主宰          歌島のひとりごと 


by yuniwauta
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー